文春オンライン

連載THIS WEEK

防犯カメラの映像が公開された日から食事を取らなくなり…宮台真司襲撃犯41歳、“自殺直前”の行動

 警察が捜し求めていた男は、すでに死んでいた。

 昨年11月に、東京都立大教授で社会学者の宮台真司氏(63)が大学構内で切りつけられて重傷を負った事件。防犯カメラには大柄で特徴的な男の姿が映っており、当初はすぐに犯人が見つかるかに思われたが、

「犯人が捨てたペットボトルからDNA型は検出されたものの、警察庁のデータベースには登録なし。大学周辺には防犯カメラも少なく、足取りは途絶えていた状況でした。そんな中、カメラにも映っていた自転車の購入記録を洗っていたところ、1月30日、ようやく1人の男の存在が浮上します」(社会部記者)

ADVERTISEMENT

自転車に乗る容疑者の姿(警視庁提供)

 ところが、その男、倉光実容疑者(41)は1カ月以上前に自殺していたのだ。

「倉光は神奈川県相模原市出身。中学卒業後、県内の野球強豪校に進学したものの、2年生の途中で退学した。内向的な性格だったようで、以降は就職やアルバイトをすることもなく、引きこもり状態になってしまった。母親は『精神を病んでしまって……』と周囲に嘆いていました」(同前)

 その母親が2013年、息子に買い与えたのが、自宅から300メートルほど離れた小さな家。1階も2階も約30平米程度だ。

「近隣住民らによれば、倉光は別宅から朝、両親が暮らす家に向かい、夜に戻る生活を送っていた。母親が時折、掃除に来ることもあったそうです」(同前)