文春オンライン

中谷美紀が正しくて工藤静香が間違ってる? 著名人にブームの「砂糖断ち」、2人の“決定的な差”

「2010年に医師の方にお勧めされてから、お砂糖を摂取していません」

 1月25日配信のウェブメディア「eltha」の取材にそう語ったのは、女優の中谷美紀(47)だ。

中谷は2018年にドイツ出身のビオラ奏者と国際結婚

◆ ◆ ◆

ADVERTISEMENT

糖質を摂る場合は蕎麦や玄米を食し、砂糖代わりに羅漢果を使用

 映画『リング』『嫌われ松子の一生』など様々な作品に出演してきた中谷。40代後半に見えない美貌でも知られるが、その秘訣が「砂糖断ち」だと言うのだ。

「elthaでは『引退を考えるほど常に不調だったのが、お砂糖をやめてからメンタルも体もバランスを崩すことがなくなりました』などと明かし、話題を呼んでいます」(美容関係者)

 13年前、彼女にアドバイスをした「医師」とは、gdmクリニックの森谷宜朋院長。同院では分子整合栄養医学の理論に基づき、血液検査で不足栄養素を調べ、病気の予防や治療を行っている。森谷氏が言う。

「中谷さんは元々肉を断つベジタリアン生活を送っていましたが、ニキビに悩まれるなど体調を崩され、2010年頃にお見えになりました。血液検査をしたところ、特に動物性たんぱく質に含まれる亜鉛が不足していた。そこで『もっとお肉を』と勧めたんです。一方でご飯やパスタが大好きでしたが、糖質の摂りすぎは肌荒れにも繋がる。特に精製された白い砂糖は急激に吸収され、血糖値の乱高下を起こします。糖質を控えるように勧めました。砂糖断ちまでは指導していませんが、糖質を摂る場合は蕎麦や玄米を食し、羅漢果などを砂糖代わりに使用されているようです」