文春オンライン

NMB卒業後、1年間で50kg→85kgに「10kg増えたあたりから歩くのがしんどくて…」元アイドルが語る、“急激すぎた”体重増加の顛末

與儀ケイラさんインタビュー #2

2023/02/25

genre : エンタメ, 芸能

食事が口に合わず、間食が増え始め…

ーー日本とは食の環境が違うと思いましたか?

與儀 メチャクチャ思いましたね。ホストファミリーのおうちにお世話になっていたんですけど、初日にマッシュドポテトになにかをかけたのがドーンと出てきて。私、マッシュドポテトが苦手だったんですよ。出してくれたのがチーズかと思って、チーズは大好物だから「わぁ」と思って食べたら「マッシュドポテトやん」って。

 マッシュドポテトが主食レベルになっていて、お米が出てきてもあちらのお米は私の苦手なタイ米が主流で。なんで、着いた日から「大丈夫かな」って思いました。

ADVERTISEMENT

ーーでは、ホストファミリーでの食事で体重増というわけではなかったのですね。

與儀 むしろあまり食べずにいたので、ホストファミリーの方に「大丈夫?」って心配されてました。せっかく用意してくれてるのに悪いから少しは食べるんですけど、その裏でお菓子とかを食べ出すんです。

 アルファベットもろくに覚えていない状態で留学したものだから、最初の頃はホストファミリーとコミュニケーションが取れず部屋にこもることが多くて。それもあって甘いものを食べちゃうんですよね。

85キロ当時の與儀ケイラさん(事務所提供)

 学校が終わったら、近くにあるショッピングモールに行ってお菓子を大量に買って部屋にこもる。そんな日々が続いてました。

ーー海外のお菓子はパッケージが可愛いから、ついつい買ってしまいますしね。

與儀 そうなんですよ。量も多いし、それなのに安いっていうのがいっぱいあって。そこで出会っちゃったのが、チョコクリームを挟んだビスケットをさらにチョコでコーティングしたティムタムなんですよ。

 いま食べたら死ぬほど甘いと感じるだろうけど、当時は革命が起きたくらいの美味しさで。パックで売っていて11枚と9枚入りのものがあるんですけど500円ぐらいで、2パック買うと割引になったりするんで、よく買ってました。

 そのティムタムを、夜に1パックとか食べて。学校でのランチでも食べるようになって、いつのまにかいろんなところでティムタムを食べてました(笑)。個包装で指も全然汚れへんし、最高やなって。