文春オンライン

「Apple Watch」のバンドに福井の技術 世界的大企業も認めた“職人魂”が革新的な製品に

source : 提携メディア

genre : ビジネス, 企業, 国際

 

2022年12月、福井・越前市の工場に世界的大企業の経営者が訪れた。その人物はティム・クックCEO。iPhoneやiPadなど、革新的な製品を開発し続けているアメリカ・アップル社の最高経営責任者だ。
時価総額200兆円を超える大企業のトップが、なぜ福井の中小企業を訪れたのか? その背景には、両者の国境を超えたモノづくりへの情熱があった。

約1000社の中から選ばれた「井上リボン工業」

越前市にある「井上リボン工業」。創業70年で、衣類のほつれを防ぐ固い布製のテープといった細幅(ほそはば)織物などの製造を手掛けている。従業員は約150人。この会社にティム・クック氏が訪れた。 

 

井上博之社長: 
アップル社の社員でも、会ったことがないという人もいるのに。わざわざこんな田舎の企業まで足を運んでいただけるということで、嘘みたいな話で驚いた 

ADVERTISEMENT

 

来日したクック氏は岸田首相と面会したほか、アップル製品に使われる部品を製造する企業やクリエイターなどを訪問。アップル社の製品に関わる国内企業は約1,000社あるといわれていて、クック氏はその最後の訪問先に井上リボン工業を選んだ。 

 

井上博之社長: 
玄関でお出迎えしたが、気さくに手を挙げて「ハーイ」という感じで入ってこられた。従業員が握手を求めれば、気さくに握手してくれた。非常に熱心に見ていただいて、質問もしていただいたし、興味深く見ていただいているというのも分かった

 

アップル社の主力製品の1つに「Apple Watch」がある。電話やメールなど様々な機能を使用できる腕時計型のデバイスで、2015年の発売以降、世界中で愛用されている。 

 

このApple Watchを腕に装着するための「純正バンド」をつくっているのが、井上リボン工業だ。ラインナップは現在3種類ある。 

 

2022年秋に加わった「アルパインループ」は、かまぼこ型のループに金具のフックを差し込むことでサイズを調整するという独特のデザインだ。

関連記事