文春オンライン

〈15歳で出産〉担任から「他の生徒には子どもの姿を絶対に見せるな」と…中3で妊娠した母親(21)が語る、若い親に対する偏見と疎外感

横井桃花さんインタビュー#2

note

 中学3年生で妊娠し、15歳で未婚のまま子どもを出産した横井桃花さん(21)。昨年春の「文春オンライン」のインタビューでは、高校に進学せずに働きながら子どもを育ててきたことを明かした。

 子育て中に周りの同級生と比べて悩んだ過去や、中学の恩師に言われてショックだった言葉、ひとり親に対する偏見などについて詳しく話を聞いた。(全2回の2回目/最初から読む

横井桃花さんと幸希くん 1年前に撮影されたもの ©杉山秀樹/文藝春秋

◆◆◆

ADVERTISEMENT

出産してしばらくは友達に会いたくなかった

――横井さんは中学生で妊娠し、高校に進学せずに子育てに専念することを決めました。周りの同級生と比べて悩むことはなかったのでしょうか。

横井 最初の頃は、高校に通う友達が羨ましくてしょうがなかったです。制服を着て通学する高校生を見たくなかった。

 私は毎日、寝る暇もなくミルクをあげて、夜泣きしたらあやしての繰り返しだったから、自分の時間なんて全くなくて。なんで私だけこんな思いをしなきゃいけないんだろうという気持ちがありました。

 しばらくは友達にも会いたくなかったので、距離を取っていて。複雑な気持ちでしたね。でも、出産してから数ヶ月が経った時に、逆にみんなに会いたい、息子をみんなに会わせたいっていう気持ちが強くなって。そこから連絡を取るようになりました。

幸希くんにミルクを飲ませる桃花さん

――友達の反応はいかがでしたか。

横井 そもそも妊娠したことを言っていない子もいたので、驚いたりする子もいましたが、みんな息子を可愛がってくれました。ほっとしたというか、安心しましたね。それまでは疎外感をすごく感じていたけど、友達と話したことで私なりの生き方を自分でも認めることができたというか。人と比べることをしなくなりました。

 それからやっぱり中学校の先生にも出産のことを伝えたいと思って、学校に行ったんですが、子どもを抱いている私の姿を見た瞬間、教室に閉じ込められて生徒に見られないように早く帰りなさいって言われて。ショックでした。妊娠のことも出産のことも伝えないまま卒業したので、先生からしたらまさか! という感じだったんだと思います。

 子どもの顔を見せたら喜んでもらえると思ったんですが、おめでとうの言葉もなく、すごい剣幕で子どもを見てきて。生徒には絶対に見せるなと、子どもを隠すものとされたのが悲しかったですね。でも、やっぱりしょうがないよなと思いながらしょんぼりと家に帰ったのを覚えています。

関連記事