文春オンライン
《赤字破門の衝撃》離脱者相次ぐ神戸山口組でさらなる“永久”追放「6代目との構成員数は10対1以上の差」《最新勢力図・未公開データ》

《赤字破門の衝撃》離脱者相次ぐ神戸山口組でさらなる“永久”追放「6代目との構成員数は10対1以上の差」《最新勢力図・未公開データ》

2023/03/02

genre : ニュース, 社会

 離脱者が相次いでいる神戸山口組。そのたびに執行部は、「絶縁」「破門」「除籍」といった処分を連発してきた。組織としての統制が取れないなか、2023年2月になっても、神戸山口組の勢力がさらに縮小へ向かうことを予測させるような「破門状」とのタイトルの書状が暴力団業界で回覧された。

〈元当組若中 竹本均(六十四歳) 石川県在住 右の者 令和五年二月十四日付を以て「破門」致しました 右 念の為御通知申し上げます 令和五年二月〉

 破門状の差出人は「神戸山口組組長 井上邦雄」。破門とされたのは神戸山口組若頭補佐を務めていた百八竜会会長の竹本均だった。竹本は、神戸山口組の組織の在り方や運営方針をめぐってほかの幹部との間で意見が対立し脱退していた。

ADVERTISEMENT

神戸山口組の井上邦雄組長

「赤字破門」は永久追放の絶縁と同じ意味

 指定暴力団の古参幹部は、「この書状の“破門”は、赤色で印刷されている。これは『赤字破門』と呼ばれる」と指摘し、次のように解説する。

「通常の破門であれば復帰もなきにしもあらずだが、赤字破門は永久追放の絶縁と同じ意味だ。ただ、近年は赤字破門でも、絶縁でも、ほとぼりが冷めれば復帰というケースもある。このあたりは決まりが緩んでいるところはあるのだが…」

永久追放の絶縁と同じ処分を意味する「赤字破門」状

 神戸山口組から離脱者が続出するなか、警察庁が2022年末時点でまとめた最新データによると、神戸山口組は約330人であったことが判明。一方、対立抗争にある6代目山口組の構成員数は前年比で微減の約3800人にとどまった。約7年半前の分裂時に6代目山口組が約6000人、神戸山口組が約2800人だったことを考えると、ほぼ2対1だった勢力差が、10対1以上に開いたことになる。

関連記事