文春オンライン

“セクハラ撲滅”弁護士がまさかのセクハラ 被害女性は依頼人で数年来の知人「既婚でありながら性的関係誘うメッセージを…」

source : 提携メディア

genre : ニュース, 社会

 

セクハラで謝罪した弁護士は、企業のハラスメント講習の講師を務め、国会でも意見を述べるなど、広く活躍していた。

“セクハラ撲滅”弁護士がまさかの告白

2年前の国会に、その人物の姿はあった。

 

馬奈木厳太郎弁護士(2021年6月・参院内閣委員会):
弁護士の馬奈木と申します

ADVERTISEMENT

国会に参考人として出席し、意見を述べていた馬奈木厳太郎弁護士(47)。

馬奈木厳太郎弁護士(2021年6月・参院内閣委員会):
まだ間に合います。いったん法案を取り下げませんか?

メディアに露出する機会も多く、演劇や映画界のハラスメント撲滅活動を行ってきた馬奈木弁護士が、自らのセクハラ行為を告白。波紋が広がっている。

被害女性は当時、依頼人だった

馬奈木弁護士が1日、インターネット上に公表したのが「ご報告と謝罪」と題する文書。

 

馬奈木厳太郎弁護士が公表した文書より:
私はこれまで弁護士としてハラスメント講習の講師を務めてきたほか、(中略)とくに演劇界のハラスメントをなくすための取り組みにかかわってきました。そのような取り組みに関わってきた私自身がある方に対してセクシャルハラスメントを行ってしまいました。しかもその当時その方の依頼を受けており、代理人という立場にありました。

 

文書によると、馬奈木弁護士がセクハラ行為に及んだという依頼人は、数年来の知人。

弁護の依頼を受ける前からプライベートでも連絡をとり合い、食事などもする間柄だったという。

 

馬奈木厳太郎弁護士が公表した文書より:
私はそのような関係を続けるうちに、私自身が既婚でありながら、その方に対して好意を抱いてしまいました。(中略)その方も私に対して好意を寄せていると思い込み、身体に触れたり、体の部位に言及したメッセージを送ったり、性的関係を誘うメッセージを送ったりしました。

馬奈木弁護士は既婚者でありながら知人女性に好意を抱き、身体に触れたほか、性的関係を迫るメッセージを送信。

 

女性が拒んでもなお関係を迫る言動を続けたうえ、依頼を受けていた裁判の対応にまで言及して追い込んでしまったとしている。

関連記事