文春オンライン
「体の関係やセフレ的な目的はないです…」交際相手を麻薬シールで死に追いやった“47歳魔性の女”が演じた「悲劇のヒロイン人生」と「そのウラの素顔」

「体の関係やセフレ的な目的はないです…」交際相手を麻薬シールで死に追いやった“47歳魔性の女”が演じた「悲劇のヒロイン人生」と「そのウラの素顔」

genre : ニュース, 社会

「体の関係やセフレ的な目的は求めていない」

 こうした苦しみを綴るほか、自己紹介で「体の関係やセフレ的な目的は求めてないです」とピュアな男女関係を求める記載がある一方で、既婚男性と交際したり、離婚後も元夫とみられる「パパ」と同居を続けたりするという、変わった生活をほのめかす投稿も目についた。ハッピーメールの最終ログイン日は2月26日。安藤さんが亡くなった後も、逮捕前日まで交際相手を探す生活を送っていたことがわかる。

ハッピーメールの自己紹介

高額ブランド商品をプレゼントさせてフリマで転売

 複数の男性と交際する悲劇のヒロインの裏の目的は、自身が登録するフリマアプリから窺い知ることができた。川崎容疑者の知人女性Aさんが話す。

フリマをやっていた川崎容疑者

「川崎容疑者はクレジットカードの限度額を超えるまで、男性たちに高級ブランドのバッグやコスメを貢がせていましたが、こうしたプレゼントを定期的にネットフリマで売りさばいていたようです」

ADVERTISEMENT

 川崎容疑者のページを見ると、そこには交際相手がプレゼントしていたというジェラートピケの服やコスメ、シャネル、ボッテガ・ヴェネタといったハイブランドの財布などが多数出品されているのが確認できる。交際相手らの自身への哀れみの心につけ込み、そこで得たプレゼントを裏で売りさばき、自身の生活費の足しにしていたのだろうか。

ネットフリマに出品していた

 川崎容疑者は取り調べに対し「テープを貼り、薬を飲ませたが、死ぬとは思わなかった」と供述しているという。詳しい動機など真相解明が求められる。

◆◆◆

「文春オンライン」では、今回の事件について、情報を募集しています。下記のメールアドレス、または「文春くん公式ツイッター」のDMまで情報をお寄せ下さい。

 メールアドレス:sbdigital@bunshun.co.jp

 文春くん公式ツイッター:https://twitter.com/bunshunho2386

「体の関係やセフレ的な目的はないです…」交際相手を麻薬シールで死に追いやった“47歳魔性の女”が演じた「悲劇のヒロイン人生」と「そのウラの素顔」

X(旧Twitter)をフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー

関連記事