昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

水道橋博士×岡宗秀吾「ダイヤルQ2で工藤静香似の美人がやってきた日」

『藝人春秋2』『煩悩ウォーク』同日発売記念MIDNIGHT TALKSHOW#1

ダイヤルQ2で工藤静香似の美人がやってきた!

博士 あ、岡宗くんの『煩悩ウォーク』の中に「Q2怪奇譚」って話があるでしょ。この話、読んだ時点で俺、ものすごく不思議だったんですよ。

岡宗 ざーっとお話すると、80年代の後半から90年代の頭にかけて、自宅でテレクラができる「ダイヤルQ2」というのが流行ったんですね。女の人は無料でかけられるようになっていて。

博士 そういえば、当時俺、ニッポン放送でダイヤルQ2を主体とした生放送をやってましたよ。その生放送中、トラックの女性ドライバーと連絡がついて。

岡宗 えっ、その女性と会うところまでラジオで中継したんですか?

博士 いや、生放送の時間はもう終わっていて。

岡宗 終わってから? 終わったのに(笑)?

博士 顛末をいうと、当時俺が住んでいた新中野にそのトラックが来て、ものすごく美人な女性ドライバーが降りてきたんですよ。工藤静香みたいな感じですよ。でも、そこから記憶がないんですよね。

岡宗 どういうことなんですか、急に記憶がないっていうのは! 

©文藝春秋

博士 いやだから、そのあと彼女と何かあったのか、なかったのか、記憶がない。

岡宗 え? そこですよ、一番知りたいのは。

博士 バーッとトラックが近付いてきた時の記憶が、ほぼ『101回目のプロポーズ』の武田鉄矢なんです。「僕は死にましぇーん」って言ってるイメージなんです。

岡宗 そのぐらいまでトラックの近くにいて、それで覚えてない?

博士 そう。本当に記憶がないんだよな……。『銀河鉄道999』のメーテルみたいな、非現実な感じ。

岡宗 じゃあ僕の話に戻しますよ(笑)。「Q2怪奇譚」というのは僕の友達の話なんですけど、ダイヤルQ2の中で、「霊能者なんだ」という女性と電話が繋がって、気持ち悪いから切ると、自分の携帯に電話が直接かかってきたと。ダイヤルQ2のシステム上、自分の電話番号を言わない限り、当然電話がかかってくるはずがない。しかしながらかかってきたと。それで「私は霊能者だから、色んなことがわかるのよ」と言いだして、「あなたの部屋のベランダの植木鉢の下に白いタイルのかけらがある」と指摘する。調べると実際にそこにある。「どうなってるんだ?」と不安に思っていたら、その女の人から何度も電話がかかってきて、最終的にはその女の人の奴隷だという男性から「助けてください」っていう電話がかかってきたという話なんですけど。

博士 これは実に不思議な話だよね。

霊能者の正体はこれだったのか

岡宗 僕、この話をたけしさんの『奇跡体験!アンビリバボー』のスタッフに話したんですよ。そしたら「面白いから取材したい」という話になって。その友達に出演のお願いをしたら、「絶対やめてくれ」と。「モザイクかければ大丈夫というのは君たちの感覚だ。霊能者の女には透けて見えるんだから」と(笑)。

博士 このオカルト話の謎が、俺にはわかったんです。

岡宗 どういうことですか? 教えてくださいよ!

博士 あの頃、三才ブックスの『ラジオライフ』って雑誌で盗聴のやり方がよく紹介されていたじゃないですか。僕の知人も受信機を持っていて、当時住んでいたマンション中を盗聴して、住民の家族構成とか電話番号とか全部把握していましたから。それでそのマンションに住む独身の男がデリヘルを呼んだあとにすぐに電話して「おい、お前今デリヘル呼んだだろ」って(笑)。それでガチっと切っちゃって、相手を不安に陥れると。だから岡宗くんの友達に「霊能者だ」と語り、部屋の中の配置まで全部把握してる女性は、その部屋に盗聴器を置いていった、以前その部屋にいた住人です。

岡宗 うぉーー、なるほど!

博士 これ理にかなうでしょ。

岡宗 それ絶対ビンゴだと思います。当時僕も「盗聴バスターズ」みたいなロケを何度もやってるんですよ。人の秘密を知りたいというだけの愉快犯が大勢いるんですよね。

博士 当時ね、俺たちと仲がいい女性アイドルがいたんですよ、名前出しませんけど。その子が、「全てがバレてる」って言う。それでその子の家に行って盗聴されていないか調べたら、発見器がビビビビビビビー! って反応して。ファンからもらったぬいぐるみに盗聴器が仕掛けられていたんです。

岡宗 本当に盗聴されていたんですね、被害妄想ではなく。うわぁー。いやでも僕、長年の謎が解けてすごくすっきりしました。

後編へ続く

 

2018年1月31日 代官山 蔦谷書店
ヘアメイク 浦杉美芸広 (Miwako Urasugi)
ロゴデザイン サトウアサミ

煩悩ウォーク

岡宗 秀吾(著)

文藝春秋
2017年11月30日 発売

購入する

藝人春秋2 上 ハカセより愛をこめて

水道橋博士(著)

文藝春秋
2017年11月30日 発売

購入する

藝人春秋2 下 死ぬのは奴らだ

水道橋博士(著)

文藝春秋
2017年11月30日 発売

購入する

この記事の写真(5枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー