文春オンライン

丸まった雨具から腕や肩などの人骨が…「地元の小学生も遠足で登る里山」で見つかった、遭難者の“意外な身元”

『「おかえり」と言える、その日まで』より #1

2023/04/13
note

「ここで亡くなった方が最後に見た景色」

 そんな私に師匠は声をかけてくれた。

「見て、この景色。ここで亡くなった人が最後に見た景色だよ。この景色を自分たちが忘れないでいることが、見知らぬ方への供養になると思うよ」

 その言葉で私は顔を上げて周りの景色を眺めた。山間から遠くには街並みが見え、辺りは木々が生い茂り、人間の力ではびくともしない岩塊が、自然の力強さを感じさせる場所だった。

ADVERTISEMENT

 どんな気持ちでこの山を選んだのだろうか、どんな気持ちでこの山に入ったのだろうか、遭難した時、何を思ったのだろうか、ようやく自宅へ戻ることができて、安心されただろうか。

 数日後、私はお花とお線香を手向けるため、再びこの現場を訪れた。

 それから数ヶ月後、私たちが見つけたご遺体と、所持品にあったキャッシュカードの名義の方のDNA型が一致したとの報告を受けた。

「おかえり」と言える、その日まで

「おかえり」と言える、その日まで

中村 富士美

新潮社

2023年4月13日 発売

丸まった雨具から腕や肩などの人骨が…「地元の小学生も遠足で登る里山」で見つかった、遭難者の“意外な身元”

X(旧Twitter)をフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー