文春オンライン

〈韓国で前代未聞の“大谷翔平ブーム”〉「マンチッナム(漫画から破り出てきた男)」というあだ名も…韓国人はなぜ大谷を支持するのか

2023/04/06
note

「すごかったなあ~。オオタニ。腹が痛いっていうより、ただただ、すごかったな」

 腹が痛いは悔しい、妬ましいという意味の韓国語だ。大谷、という言葉に思わず耳をそばだてた。そうっと振り返ると、30代と思しき、スーツ姿の男性ふたり。WBC決勝戦から1週間ほど過ぎた昼下がり、金融街のど真ん中にある公園でのことだった。

 WBCの余韻は韓国にもまだ漂う。といってもそれは韓国野球の余韻ではなく、大谷翔平の余韻だ。

ADVERTISEMENT

©AFLO

「もう、どう表現すればいいかわからないくらいすばらしい」

 準決勝のメキシコ戦9回裏で二塁打を放ち、セカンドベースからベンチに向かって吠えた姿。決勝の米国戦9回表に登板し、米国の最高打者、トラウトとの一騎打ち、最後のスライダーで三振を勝ち取った後の叫び。

 プレイだけではない。チェコ代表へ表した敬意。高1の時に作ったといわれるマンダラチャート。なかでも韓国で注目を引いたのはゴミを拾うことは他人の運を拾うという項目だ。

 漫画の主人公のようだと「マンチッナム(漫画から破り出てきた男の略)」と呼ばれ、ブログやYouTubeがこぞって取り上げ、今もMLBでの活躍が報じられる。「韓国で日本の選手がこれほどの関心と好意を受けたことがあるだろうか」(文化日報、3月28日)と書いていた記者がいたが、韓国に十数年在住した中でもこれほど絶賛、賞賛される選手は初めてだ。大谷にまつわるエピソードは次から次へと報じられ、語られ、感嘆が漏れている。

 日韓戦の後、韓国野球の情けなさをぶちまけながら、「大谷はかわいい」とぽつりと漏らした野球好きの知り合いも大絶賛だ。

©AFLO

「ともかく見ているだけで野球が好きというのが伝わってくる。投げれば豪速、打てば遥かへ球が飛んでいく。そんな実力をもっているのに謙遜までしちゃうし、おまけにあの体格なのに童顔でかわいいし、敗れた韓国や台湾にもねぎらいの言葉をかけてくれるし。

 完璧すぎてつまらないと言う人もいるけど、そんな次元はもう超えている。もう、どう表現すればいいかわからないくらいすばらしい」