文春オンライン
「あの時抵抗できなかったから何をやってもダメなんだ」ジャニーズJr.被害少年が語る「自尊心を破壊された」ジャニー喜多川氏の性加害

「あの時抵抗できなかったから何をやってもダメなんだ」ジャニーズJr.被害少年が語る「自尊心を破壊された」ジャニー喜多川氏の性加害

 ジャニーズ事務所の創業者・ジャニー喜多川氏によるジャニーズJr.への性加害問題。先日、ジャニーズ事務所は性加害問題について説明する文書を一部の取引先企業に送っていたことが判明した。その文書の中で、事務所は現在在籍している社員、タレントからは問題となる点が確認できていない旨を記している。だが今回、「週刊文春」の取材に、被害を受けた元ジュニアの男性が新たに声を上げた。

ジャニー喜多川氏の新たな被害者が現れた

ジャニー氏に誘われてホテルへ

 1990年代後半、ジャニーズJr.に在籍した30代後半のF氏は、中学1年生でオーディションを受けて入所した。

 3カ月ほど経った時、平日夜のレッスンの終わりに、ジャニー氏から、「今夜泊まっていきなよ」と誘われた。F氏が語る。

ADVERTISEMENT

「やった! みたいな感じはありました。そこから(タレントとして)良い展開があるかも、みたいな期待で。あとはちょっと不安も。先輩から『食われるぞ』みたいに言われていたので」

 もう1人のジュニアとジャニー氏の車で連れて行かれたのは、六本木の東京全日空ホテル(現・ANAインターコンチネンタルホテル東京)。ツインルームで、2つのベッドはF氏ともう1人のジュニアに当てがわれた。そして、深夜になって、ジャニー氏がベッドに入ってきたのだという。