文春オンライン

連載シネマチャート

磁石人間、怪力男、光と電気を操る少女、虫使い…特殊能力を持ったサーカス団とナチス・ドイツの戦い 「フリークスアウト」を採点!

シネマチャート

note

〈あらすじ〉

 第二次世界大戦下のイタリア。ユダヤ人の団長イスラエルが率いる小さなサーカス団の団員は、光と電気を操る少女マティルデ(アウロラ・ジョヴィナッツォ)、多毛症の怪力男フルヴィオ(クラウディオ・サンタマリア)、アルビノの虫使いチェンチオ、磁石人間の道化師マリオの、異能力者4人だ。

 ナチス・ドイツの影響が強まる中、4人は団長とはぐれてしまう。マティルデは彼を探そうとするが、ほかの3人は仕事を求め、ベルリン・サーカス団へ。ところが団長のフランツ(フランツ・ロゴフスキ)は、ヒトラーに献上する異能力者を求めて、人体実験を繰り返す殺人鬼だった。

〈解説〉

『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』に続く、ガブリエーレ・マイネッティ監督作。異能力者がナチス・ドイツの悪党に立ち向かうバトル・アクション。141分。

  • 中野翠(コラムニスト)

    ★★★☆☆ユダヤ系サーカス団がナチス・ドイツ下で苦渋の抵抗というのが新味だが、もっとドラマティックな展開が欲しかった。

  • 芝山幹郎(翻訳家)

    ★★☆☆☆手垢の付いたテーマを扱うのなら、描き方に工夫が欲しかった。雑駁で鈍重。豚の背脂を無理やり食べさせられた気分だ。

  • 斎藤綾子(作家)

    ★★★★☆のけ者扱いを受けた特殊能力を持つ者達が、戦争という修羅を生き抜く姿に心が弾む。美術やアクションも超絶楽しい。

  • 森直人(映画評論家)

    ★★★☆☆『X-MEN』とR・ベニーニの間で色んな先人の個性を混ぜ込んだ。レディオヘッドのピアノ弾き等のお遊びはご愛敬。

  • 洞口依子(女優)

    ★★★★☆これは伊版X-MEN!? オズの魔法使い、フェリーニ、タランティーノ等を経由しナチス占領下のローマに近づく巧妙さ。

  • もう最高!ぜひ観て!!★★★★★
  • 一食ぬいても、ぜひ!★★★★☆
  • 料金の価値は、あり。★★★☆☆
  • 暇だったら……。★★☆☆☆
  • 損するゾ、きっと。★☆☆☆☆
©2020 Goon Films S.r.l. - Lucky Red S.r.l. - Gapbusters S.A.

INFORMATION

『フリークスアウト』(伊・ベルギー)
5月12日(金)より新宿バルト9ほか全国公開
https://klockworx-v.com/freaksout/

磁石人間、怪力男、光と電気を操る少女、虫使い…特殊能力を持ったサーカス団とナチス・ドイツの戦い 「フリークスアウト」を採点!

週刊文春電子版の最新情報をお届け!

無料メルマガ登録