文春オンライン

市川猿之助を自殺幇助で逮捕へ「両親は別の薬物摂取の可能性も」「ビニール袋、薬のパッケージをゴミに」

note

警視庁は猿之助を逮捕する方針を固めている

 今後の捜査はどう展開するのか。

「自殺という目的のために睡眠薬やビニール袋を用意するなど、自殺を容易にする援助を行った場合、刑法第202条の自殺幇助罪に抵触する可能性が高い。警視庁は近く猿之助を逮捕する方針を固めている。自殺幇助罪の刑事罰は、6カ月以上7年以下の懲役または禁錮です」(同前)

警視庁広報大使に任命された際の市川猿之助 ©共同通信社

 Xデーはいつになるのか、捜査状況が注目される。

ADVERTISEMENT

 5月31日(水)12時配信の「週刊文春 電子版」および6月1日(木)発売の「週刊文春」では、今回の心中現場にも最初に駆け付けた恋人が小誌に語った猿之助との驚くべき関係、心中事件に残された“3つの謎”、猿之助が孤立を深めていったターニングポイント、突然、澤瀉屋の“後継者”となった香川照之の恍惚と不安、香川の母・浜木綿子や寺島しのぶらが味わった「梨園の女」の悲劇などを8ページにわたり詳報する。

文藝春秋が提供する有料記事は「Yahoo!ニュース」「週刊文春デジタル」「LINE NEWS」でお読みいただけます。

※アカウントの登録や購入についてのご質問は、各サイトのお問い合わせ窓口にご連絡ください。

市川猿之助を自殺幇助で逮捕へ「両親は別の薬物摂取の可能性も」「ビニール袋、薬のパッケージをゴミに」

X(旧Twitter)をフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー