文春オンライン

《写真あり》「特権を使って、有名人に会ったことがあったんです」ヤクザの息子が感動した「ある有名プロレスラー」の正体

『私は組長の息子でした』 #3

2023/08/19

genre : ライフ, 社会

 間近で見るプロレスは大迫力でした。生で見る憧れのブッチャーは想像以上に大きく、その空手殺法に「これがブッチャーか!!」と圧倒されました。

 試合が終わり、大満足で会場を後にしようとした時、プロモーターさんに呼び止められました。

「若、ブッチャーに会わせたる。おっちゃんと一緒に控室に行こう」

ADVERTISEMENT

 まさかの誘いに天にも昇る気持ちです。

 控室には、プロモーターさんの言葉通り、ブッチャーが待っていてくれました。リング上の荒々しい雰囲気とは違い、普段のブッチャーはとてもやさしく、紳士的な方でした。

控室でブッチャーが「ワカ、ゲンキデスカ?」

 当時、プロレスの興行は全国を巡回していましたが、私の住む田舎にやってくるのはせいぜい年に1回くらいでした。プロモーターさんは私が喜んだのを覚えていてくれたらしく、「若がそんなに好きなら、来年もまた呼んでやる」と翌年もブッチャーをブッキングしてくれました。

 次の年も試合後、同じように控室でブッチャーに会わせてもらいました。ブッチャーは前年、日本語をまったく話さなかったのですが、驚いたことにこの時は「ワカ、ゲンキデスカ?」と話しかけてくれたのです。この日本の挨拶は、プロモーターさんが「大切なゲストがくるから、覚えてくれ」と教えたんだそうです。

 翌日、学校で「俺、ブッチャーと写真を撮ったんやぞ!」と友人に自慢したら、かなり驚かれましたね。

 そりゃそうです、知名度が全国区の悪役外国人プロレスラーと写真を撮れるなんて、当時は考えられませんでしたから。

 これは完全に組長の息子ならでは、の特権だったかもしれませんね。

私は組長の息子でした

私は組長の息子でした

若井 凡人

彩図社

2020年11月17日 発売

《写真あり》「特権を使って、有名人に会ったことがあったんです」ヤクザの息子が感動した「ある有名プロレスラー」の正体

X(旧Twitter)をフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー

関連記事