文春オンライン
《初公判》Jリーガーと厚い人脈…逮捕された“ガーシーの仲間”の素性と、ガーシーの身柄を拘束できない理由

《初公判》Jリーガーと厚い人脈…逮捕された“ガーシーの仲間”の素性と、ガーシーの身柄を拘束できない理由

 今年1月には、ガーシーと同じくドバイに出国したとされ、逮捕状とパスポートの返納命令が出ていた。

「池田はビザも持っておらず、観念してドバイから帰国したところを、成田空港で身柄を確保された。4月14日はパスポートの返納期限でした」(同前)

逮捕直前のツイート(池田のツイッターより)

ガーシーの国際手配は身柄の拘束ができない「青手配」である理由

 一方、ICPO(国際刑事警察機構)から国際手配をかけられたガーシー。現在もドバイに滞在中と見られる。代理人によれば、ドバイが高額投資者に在留を認める通称ゴールデンビザを取得しているという。

ADVERTISEMENT

「しかもガーシーの手配は、手配書の色から『青手配』と呼ばれるもの。『手配人物の居場所などについて分かったら教えて下さい』という程度のもので、身柄の拘束はできません」(国際捜査に詳しい警察OB)

 身柄拘束まで要求するのは「赤手配」。日本の警察が赤手配しているのは、反捕鯨団体シー・シェパード元代表のポール・ワトソン、日産元会長のカルロス・ゴーン、関東連合元トップの見立真一の3人に留まる。

「彼らと比べると、ガーシーの容疑は“軽い”。この程度で赤手配をすると、同様の事件で日本も他国から身柄拘束を頼まれかねない。赤手配には慎重にならざるを得ません」(同前)

 それでもガーシー逮捕に執念を燃やす警視庁。ドバイへの捜査員派遣を検討しているという。

《初公判》Jリーガーと厚い人脈…逮捕された“ガーシーの仲間”の素性と、ガーシーの身柄を拘束できない理由

週刊文春電子版の最新情報をお届け!

無料メルマガ登録

関連記事