文春オンライン

連載シネマチャート

麻薬密売組織リーダーが10億ドルと共に逃亡…北朝鮮と韓国とFBIがタッグを組む前代未聞のチーム 「コンフィデンシャル:国際共助捜査」を採点!

シネマチャート

note

〈あらすじ〉

 FBI捜査官のジャック(ダニエル・ヘニー)は、北朝鮮の麻薬密売組織のリーダー、ミョンジュン(チン・ソンギュ)をニューヨークで逮捕する。そこに北朝鮮のエリート特殊捜査員リム・チョルリョン(ヒョンビン)が現れ、ミョンジュンを北へ送還するという。しかし、ミョンジュンは護送中に10億ドルと共に逃亡。その後、韓国に渡ったという情報を得たチョルリョンは、ソウルに向かう。韓国での共助捜査に志願したのは前回も彼とタッグを組んだ市警のベテラン刑事、カン・ジンテ(ユ・ヘジン)。さらにジャックが加わって、“北×南×FBI”という前代未聞のチームが結成される。

〈解説〉

『コンフィデンシャル/共助』(2017年)の続編となるアクション大作。監督は『ヒマラヤ ~地上8,000メートルの絆~』のイ・ソクフン。129分。

  • 中野翠(コラムニスト)

    ★★★☆☆韓国と北朝鮮の刑事2人の共闘というのは新味だが、ハデな爆破、くどめの音楽、お約束の(?)恋模様と笑いに胃モタレ。

  • 芝山幹郎(翻訳家)

    ★★★☆☆アクション以外の場面、とくにコミカルな部分がやはり野暮ったい。80年代能天気娯楽映画の縮小再生産だ。役者は勤勉。

  • 斎藤綾子(作家)

    ★★★★★韓ドラ好きには見慣れた顔が勢揃い。前作にも増して痛快で、彼らの持ち味を存分に楽しめる。細胞の活性、間違いなし。

  • 森直人(映画評論家)

    ★★★★☆前作の成功を受けたチームの盛り上がりが伝わる。続編ならではのこなれ感も魅力。少女時代ユナの面白さに点は甘め!

  • 洞口依子(女優)

    ★★★☆☆コメディタッチでスマート。浅さも気にならない。気付けば『シュリ』の登場から大躍進な韓国の映画へのパワーに感服。

  • もう最高!ぜひ観て!!★★★★★
  • 一食ぬいても、ぜひ!★★★★☆
  • 料金の価値は、あり。★★★☆☆
  • 暇だったら……。★★☆☆☆
  • 損するゾ、きっと。★☆☆☆☆
© 2022 CJ ENM CO., LTD., JK FILM ALL RIGHTS RESERVED

INFORMATION

『コンフィデンシャル:国際共助捜査』(韓国)
9月22日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷ほか全国公開
https://gaga.ne.jp/confidential/

麻薬密売組織リーダーが10億ドルと共に逃亡…北朝鮮と韓国とFBIがタッグを組む前代未聞のチーム 「コンフィデンシャル:国際共助捜査」を採点!

X(旧Twitter)をフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー

関連記事