文春オンライン
「なんで変えるんだよ!」キムタクがジャニーズ社名変更に最後まで反対していた「木村はまだ納得していない」「一歩ずつ、前に!」

「なんで変えるんだよ!」キムタクがジャニーズ社名変更に最後まで反対していた「木村はまだ納得していない」「一歩ずつ、前に!」

 10月2日、ジャニーズ事務所は記者会見を開き、新体制を発表した。現在のジャニーズ事務所は「SMILE-UP.」に改称し、ジャニー喜多川氏による性加害の補償が済んだら廃業すると明かした。

 新会社の副社長で、会見に出席した井ノ原快彦(47)は、所属タレントの間から社名の変更に反対する声が上がっていたとして、「ジャニーズという場所で輝いていた先輩たちに憧れて入ってきたという思いが一番強かったと思います」と語っている。

「ジャニーズ」という事務所名にこだわったタレント――。実は、最後まで社名変更に反対していたのは木村拓哉(50)だったことが「週刊文春」の取材で明らかになった。

ADVERTISEMENT

木村拓哉 ©時事通信社

社名変更が決まっても「なんで変えるんだ!」と抵抗

 木村と親交の深いジャニーズ事務所関係者が明かす。

「9月7日の会見で東山は『これまでタレントが培ってきたエネルギーやプライド』だとしてジャニーズの名称を残すことを発表しましたが、声高に社名維持を主張していたのが木村。社名変更が決まった後も、『なんで変えるんだ!』と抵抗。今回の会見で東山は名称を残すことを『それこそが内向きだった』と自己批判しましたが、木村はまだ納得していない」

 来春放送予定だった木村主演のドラマ『教場』(フジテレビ系)は、制作がストップしている状態だという。

「脚本の出来が悪かったというのもありますが、秋の撮影開始を前に、木村さん自身が『今はそのタイミングじゃない』とストップをかけた。ジャニー氏の性加害問題が大騒動になり、モチベーションが上がらないのでしょう」(ドラマスタッフ)

関連記事