文春オンライン

嫌われ者教師、息子を失った料理長、反抗的な生徒…“ひとりぼっち”な3人はなぜ「映画の素晴らしさ」を味わわせてくれるのか?<アカデミー賞受賞>

映画『ホールドオーバーズ 置いてけぼりのホリディ』

2024/06/21

source : 週刊文春CINEMA オンライン オリジナル

genre : エンタメ, 映画

note

 第96回アカデミー賞では作品賞や主演男優賞など5部門にノミネートされ、助演女優賞を受賞した『ホールドオーバーズ 置いてけぼりのホリディ』。

 1970年の寄宿学校を舞台とする、嫌われ者の教師を主人公にした物語は、なぜこれほど感動的なのか? アレクサンダー・ペイン監督と主演のポール・ジアマッティは、2004年の名作『サイドウェイ』以来の顔合わせを果たした。

◆◆◆

ADVERTISEMENT

生徒たちはおろか同僚からも疎まれる古代史教師

 なんてイヤな男なのだろう。

 この映画の主人公、ポール・ハナムのことだ。

古代史を教えているポール・ハナム(ポール・ジアマッティ)Seacia Pavao / © 2024 FOCUS FEATURES LLC.

 彼はニューイングランドにある寄宿学校、バートン・アカデミーで古代史を教えている。

 生徒に対しては高圧的で尊大。規律というものに厳格で、学校に多額な寄付をした名家の子息であっても、成績に手心を加えたりしない。校長から何度も懇願されたにもかかわらず、彼がその生徒に下した評価はCマイナス。つまり落第。

 理想に燃える教育者? 

 いや、彼はただ、自分こそ正しいとかたくなに信じこむ独善者だ。おまけに口汚く、すぐに教養をひけらかす(「人は自分だけの人生を生きるのではない」などとキケロの一節を会話に引用したりする)し、斜視や体臭の影響もあって、生徒たちはおろか同僚の教員たちからも疎まれている。

 正真正銘の嫌われ者と言っていい。

 ところがそんな男を主人公にした映画が、観た人の心を温かいもので満たし、最後にはなににもまして美しい光景を見せてくれる。

 そして映画とはなんて素晴らしいのだろうと、近年の大味な映画ではほとんど抱くことのなかった、懐かしい気持ちを呼び起こしてくれる。

クリスマス休暇も学生寮に残る孤独な3人

 舞台は1970年。クリスマス休暇を迎え、生徒たちが続々と家族のもとへ帰る一方、家庭の事情から学校に留まらざるをえない者たちもいた。その監督役を、ほとんど押しつけられるようにして任されたのが、“ひとり身”のポールだ。

Seacia Pavao / © 2024 FOCUS FEATURES LLC.

 数人が居残る学校で、ポールはたびたび生徒のひとり、アンガスと衝突する。アンガスは家族旅行に行くはずだったが、再婚したばかりの母が新婚旅行を優先したため、置いてけぼりになってしまっていた。