昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

使うのはすべて百均グッズ! PCやスマホまわりの快適化大作戦

まな板立てがタブレットスタンドに……目からウロコの使い方教えます

2018/04/27

カーテンを留めるフックがキーボードスタンドに?

 次に紹介するのは、カーテンをまとめておくためのフックです。これをデスクトップPCの側面に取り付けておくと、デスク上での作業でキーボードが邪魔になった時に、一時的に退避させておくためのスタンドとして使えます。

 厚みさえ適合すればキーボードに限らずさまざまなアイテムを立てかけておけますが、両面テープで取り付ける構造ゆえ、ノートPCやタブレットのようにそこそこの重量があり、かつ落下すると機械的に破損の恐れがある精密なデバイスには向きません。その点、キーボードであれば、用途も重量もぴったりといえます。

今回使用しているのは、オカザキの「タッセルシールフック」。購入先は百圓領事館
PCの側面などに貼り付けて、キーボードなどを立てかけるためのフックとして使います
たまにしか使わないキーボードを収納するのにぴったりです。両面テープがはがれないよう、取付時には十分に時間を置いたほうがよいでしょう

これは目からウロコ、事務用のクリップがケーブル脱落防止グッズに

 最後に紹介するのは、百均に限らずどこの文房具屋でも入手できる金属のクリップです。これをデスクに挟んでおくと、思いがけない用途で重宝するのはご存知でしょうか。

 その用途とは、ケーブルのフックです。USBケーブルやLightningケーブルなど、抜き差しする機会の多いケーブルをここに引っ掛けておくと、抜いた時にうっかりデスクの奥に落とすことがなくなります。必要な時に引っ張り出して使えるので、たいへん快適です。デスクの厚みに合った製品を買い求めるとよいでしょう。

今回使用しているのは、大創産業の「ダブルクリップ ブラック/挟口41mm」
デスクに挟み込むことで、ケーブルを引っ掛けておくフックとして使えます。ちょうどコネクタ部分がひっかかって脱落防止の役目を果たすのがポイントです
必要な時にケーブルを引っ張り出して使えます。デスク天板が厚すぎると挟めない場合もあるので、厚みに合ったクリップを買い求めるとよいでしょう

この記事の写真(9枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー