文春オンライン

《大河では吉高由里子とふたたび…》“道長様”柄本佑が“実資”ロバート秋山のラジオ番組にガチ採用されていた!《「ト、トイレ~~~~!!」と渾身の演技》

source : 週刊文春Webオリジナル

genre : エンタメ, 芸能, テレビ・ラジオ

note

「ちょ、ちょっとストップ! この声……もしや、いよいよ自然に採用したんじゃないか!?」

 大河ドラマ「光る君へ」で藤原実資役を“怪演”中のロバート・秋山竜次(45)。そんな秋山のラジオ番組「俺のメモ帳!on tuesday」(BAYFM)の7月3日放送回で、異変が起きた。秋山が、採用されたネタを途中で遮ったのだ。

秋山のラジオ番組(公式HPより)

秋山のラジオで柄本佑の投稿が採用された

 放送されていたのは、「小林製薬」のCMのパロディコーナー、“秋山製薬”。リスナーが考えた架空のお役立ち商品について、ユニークな商品名に小林製薬風のCMナレーションをつけて録音し、投稿するというものだ。そこで採用された作品を放送している最中、秋山がこう言いだした。

ADVERTISEMENT

「この声、間違ってなければ柄本さんだよね!? 柄本佑の声だろ!」

大河ドラマ「光る君へ」で藤原道長を演じる柄本佑 ©文藝春秋

 そう、大河ドラマでも共演中の藤原道長役・柄本佑(37)の投稿が採用されたのだ。

「いつか読まれないかな、と思って」

「秋山は先月のNHK番組で、柄本が自分のラジオにネタを投稿しているらしいと明かしていました。これを受けた柄本も、自分の名前は一切伏せてネタを“ガチ投稿”しているが一度も採用されたことがないことを告白。

 『いつか読まれないかな、と思って』と語っていました。柄本は最初、リスナーが送った歌声に秋山が声でカラオケ風の伴奏をつける『逆カラオケ』のコーナーに投稿して、没にされたそうです」(芸能記者)