昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

ヒャダインが語る「批判されても『24時間テレビ』が成功する日テレの事情」

ヒャダイン×てれびのスキマ「日本テレビのえげつない勝ち方」#3

「クイズプロジェクト」からヒット番組が生まれた

戸部田 日テレ=「徳光和夫」さんの擬人化だと理解していればすべてよく分かると(笑)。

ヒャダイン だから、もともと日テレに清廉性なんてないんじゃないですかと(笑)。そもそも日テレだけじゃなくて、マスコミに。NHKにだって清廉性なんてほんとはないのに。

 でも、そう考えたら、さっき(第2回)から日テレを秀吉に喩えてますけど、刀狩りをした豊臣秀吉とかと同じ発想なのかな。もともと自分の生まれに清廉性がないから、『24時間テレビ』で、そのないものを求めようとしたのかもしれない(笑)。

戸部田誠(てれびのスキマ) ©深野未季/文藝春秋

戸部田 先程の『24時間テレビ』リニューアル(1992年)を成功させた主だった日テレのクリエイターたちは、実はもともと日テレバラエティの起死回生策だった「クイズプロジェクト」に参加していました。そこから『SHOW by ショーバイ!!』や『マジカル頭脳パワー!!』といったヒット番組が生まれました。

ヒャダイン そういうプロジェクトがあったんだって初めて知りました。そういう番組発のブームを作るのって、フジと日テレはうまいなあと思って。番組発の言葉が流行語的になったり。フジの『トリビアの泉』もありましたね。「へえ、へえ、へえ」とかもそうだし、『マジカル頭脳パワー!!』の「マジカルバナナ」なんて、本当に流行りましたからね。

「マジカルバナナ」がわかりやすいカラクリ

戸部田 子供の頃だったと思いますけど、見てましたか?

ヒャダイン 見ていましたね。でも当時はなにげに見ていましたけど、思い返してみると、確かに違和感アリアリですよね。『全部やれ。』を読んで衝撃だったのが、「マジカルバナナ」は結構撮り直ししていたんですね。

戸部田 そうなんです! (当時『マジカル頭脳パワー!!』を担当していた)五味さんから話を聞いて僕もびっくりしました。「マジカルバナナ」は、「バナナと言ったらスベる」「スベると言ったらスキー」とイメージをつなげていく連想ゲームなんですけど、仮にルール上は正解でも、子供に分かりにくい単語を使っていると、ゲームを止めてやり直す。

ヒャダイン すごいやり方ですよね。 

戸部田 まさに「えげつない」って思いましたね。

ヒャダイン その徹底ぶりはすごい。『24時間テレビ』なんて、やればやるほど毎年批判にさらされるじゃないですか。なのに、蓋を開けてみたら視聴率24%とか。

©深野未季/文藝春秋