昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

日本vs.ベルギー戦の舞台 ロストフアリーナの“大誤算”

ロシア建築史家による「決戦」と「決勝」のスタジアム論

2018/07/02

「ドン河の曲線」と引き換えに30億ルーブル削減

 予定外の出費を受けて、クロッカス側はデザインの大幅な変更に着手した。本来のデザインでは、周囲の景観との調和という理念の下、アリーナにはドン河の曲線をモチーフとする2枚の屋根が架けられるはずだった。彼らはこれを長方形のシンプルな1枚の屋根に変えることで、つまり設計上の理念や個性的な表現と引き換えに、30億ルーブル(約53億円)近い工費の削減を実現したのである。

ロストフアリーナ、当初のデザイン案。ドン河の曲線をモチーフとする2枚の屋根が架けられるはずだった(http://championat-rostov.ru/article/view/1339/より)

実はスポーツ省に訴えられている

 こうしてアリーナの建設は2017年末までになんとか終了した。だが会場の整備は遅々として進まず、オープンは結局今年の3月までずれ込んだ。2月にはロシア政府のスポーツ省が、特に工事の遅れた6つのアリーナについて、工事を請け負った会社に大規模訴訟を起こしており、クロッカス・グループもその中に含まれている。ロストフ・アリーナの紆余曲折はW杯後もまだしばらく続きそうだ。

2枚の屋根をやめて約30億ルーブルの工費削減をしたロストフアリーナ ©時事通信社