昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

女性議員の比率が高い地域はどこ? 47都道府県を調べると……

なかなか進まない政治分野の「男女共同参画」

2018/07/09

市長に占める女性の割合トップは13.3%

 ただし、地方自治体の「顔」である市区長に占める女性の割合を調べてみると、まだまだ「均等」とは程遠い状況だ。21の道府県では、女性市長はゼロ。

 逆に女性比率トップだったのは岡山県。2008年に中国・四国地方では初の女性市長として当選した倉敷市長・伊東香織氏(現在3期目)、2016年に新見市長として初当選した池田一二三氏の二人だ。

 また、総数でもっとも女性市区長が多かったのは東京都だった。現在、足立区、三鷹市、武蔵野市の3市区で女性が首長を務めている。

©文藝春秋
©文藝春秋

 女性政治家は全国的にはまだ少数だ。しかし、徐々に女性議員は増えつつあるのも確かで、総務省調査では右肩上がりになっている。

 国会議員のみならず、地方議会に女性議員が増えることは、既存のしがらみにとらわれず、多様な視点が取り入れられることになるだろう。その意味で、新しい法律はその一助になる。それは議会制民主主義の発展にも有効な手段になるはずだ。

内閣府男女共同参画局「地方議会における女性議員割合の推移」より

この記事の写真(9枚)

+全表示