昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2018/09/06

「れんしゅうしかないねん、やるしかないねん!」

 きょねんまでと、すわろーずは、おおきくかわった~と、きくなかに~、
え~お~き~くん、ごいす~。めじゃーがえりのおとこが、きょねんの、やくるとをかえた。
てっぱちくん、3どめのとりぷるすりーが、ねらえるいちにきて、40/40も、みえてきた。
ここ(ばれんてぃん)が、やるきまんまんで、2かんおうねらえる。
みやもとHC、いしいこーち、かわだこーちの、3にんのおにこーちのそんざいもおっきい。
などと、よくみみにします。

 たしかに、そうだとおもいますが、つばくろうてきには、『ぐっち』のそんざいが、でかいとおもう。ここ(ばれんてぃん)とは、つねにいっしょで、なかよしとーく。わかてにも、ぐっちらしい、いじりかたでりらっくすさせて、はたけ、びっきー、ゆうへいくん、みわくんたちべてらんぜいの、りーだーてきそんざいです。べんちでも、おおきなこえをだしてます。もともとこのちーむにいたよね~っと、かんじるくらいです。

 かいまくからずーっと、ただひとり3わりごえで、だせんをひっぱってきたぐっち。いつしか、1ばんばったーで、いまや、2ばんいこう、きょういのきょうりょくだせんの、きばくざいとなっています。なれないふぁーすとをまもりながらのしーずんいん。せんじつ、ほーむらんをうったあと、ふぁーすとごろをえらーして、しってんにつながってしまいました。つぎのひ、はやくでてきて、2じかん、しゅびれんしゅうをしていました。れんしゅうおわりに。

つ)きのうは、ないすほーむらん!
ぐ)でも、あのあとのえらーがあかん。
つ)しょうがないよ~。
ぐ)れんしゅうしかない! あの1つのくやしさで、このあついなか、おっさん2じかんれんしゅうしました~! やるしかないねん!

 かっこいいです。あんたはごいす~です! さらに、ふぁーすとから、ときに、がいやをまもってます。しゅびがためなんていいかた、しつれいです。がいやで4どのごーるでんぐらぶおとこに!

 さいきん、ぐっちは、みずからを、おっさんといいます。34さいって、おっさんかな? 12きゅうだんのすためんのへいきんねんれい、やくるとすわろーずがたかいみたいです。そうなればおっさんですね~、でへへ。

てっぱちくん、ぐっち、しんごくんといっしょに ©つば九郎

ぐっちから、ぜんこくのおっさんたちへのめっせーじ

 やすみのひに、ぱとろーるのやくそくをしようとおもったら~、

つ)あすやすみでしょ~? ぱとろーるいって、からだに~、がそりんいれにいかない?
ぐ)あすようじあるんですよ~。
つ)ありゃあやしい。
ぐ)ちがいますよ~。おおさかから、むかしからからだみてくれるせんせいがきて、ちりょうしてくれるんですよ~。
つ)それはしょうがない!
ぐ)またこんどぜったいに~。

 そうだよね、ふだん、じんぐうは、あつすぎる~! っていうだけで、からだのふちょうのこと、もらさないもんな。こうやって、あいてるじかんも、やきゅうのためにつかってるんだ。このまま、CS&3わりごえしたら、とっておきのところに、つれっててあげよう! おさいふは、『ぐっち』で~、でへへ。

 いまげんざい、ちーむはCS、ぐっちは、やくそくの3わりごえが、ねらえるいちにいます。CSからの~てっぺんへ! みんなでいっしょに、そのいただきをみにいこう!
みんなえみふる!!!

 ぐっちから。

『ぜんこくのおっさんたちへ、くよくよしたってしょうがない、ふりかえるな、うまくなりたかったら、れんしゅうだ!』だそうです。

 こんかいは、だいすきな、おとももちの~ともひとさんから、さいきんつばくろうが、ひつだんなどで、おちょうしもんだと、くれーむがきての、さんかとなりました。

 いまのやくるとすわろーずのことを、かこうとおもって、かんがえました。

 たまには、まじめな、はらぐろうの1めんを、だしてみましたが、いかがでしたか?
ともひとさん、ぎゃらんてぃ~は、ふりこみ&そろそろ、ぱとろーるおねがいします。あっ、とやまで、し~す~ごちになりたいです!!! あごあしまくらつきでね~、でへへ。

※「文春野球コラム ペナントレース2018」実施中。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイトhttp://bunshun.jp/articles/-/8831でHITボタンを押してください。

HIT!

この記事を応援したい方は上のボールをクリック。詳細はこちらから。