昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「ねこ娘」の美少女化が止まらない 声優・庄司宇芽香が明かした「ツンデレの演じかた」

#1 第6期「ゲゲゲの鬼太郎」ねこ娘役・庄司宇芽香インタビュー

“ツンデレ”を演じるときに意識していること

――『鬼太郎』のアフレコ現場はどのような雰囲気なのでしょうか?

庄司 ご一緒するのが、(過去の出演作品の役柄から言って)宇宙や地球を何度も救ってこられたような、どんな敵と戦っても負けない大御所の方ばかり。最初はすごく緊張していたのですが、皆さんの作って下さる空気が温かくて、新人にも分け隔てなく話してくださるので、現場は本当に和気藹々としています。休憩中に盛り上がりすぎて演出さんに「静かに!」と注意されるくらいです。

――今期のねこ娘は、誰に対してもツンと冷静に振舞う“ツンデレ”なキャラクターですが、演じるときに意識していることはありますか?

©水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション

庄司 「クールに、ひと呼吸置いて」ということですかね。第2話「戦慄! 見上げ入道」で、まなとねこ娘が口論するシーンがあるんですが、そのアフレコのときに、監督から「熱くなりすぎないで、クールにしていてください」と言われました。他のシーンでも、特に人間と相対するときには、「境界線のこちら側とあちら側」を意識して、ひと呼吸おいて演じるようにしています。

リアルな猫の鳴き声に駄目出し

――他に収録中で印象的だったエピソードはありますか?

庄司 第8話「驚異! 鏡じじいの計略」で、ねこ娘が道端の猫に話しかけるシーンですね。

 ねこ娘が決まってからは頻繁に動画サイトなどで「猫 喧嘩」と検索したりして、リアルな猫の鳴き声を研究していたんです。その成果を発揮すべく収録に挑んで鳴いてみたら、演出さんから「本物の感じじゃなくて、文字通り『にゃあ』って言ってください」と修正されました(笑)。それを見ていたマネージャーが私の想いを汲んでくれて、その後出てくる猫を全部私に振ってくれるようになったので、努力は報われました(笑)。