昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2018/10/05

各紙それぞれの「貴出馬説の根拠」は?

 では、各紙の「貴乃花参院選出馬説」の根拠はなんだろう。

 東スポは貴闘力(かつての貴乃花親方の兄弟子)の証言に注目した。

「以前、俺は『相撲協会なんて辞めてしまえ! 国会議員にでもなって、協会の上の文部科学省に行って勝負してこい!!』と言ったことがある」(貴闘力・9月25日のAbemaTV)

 これに対して貴乃花親方は「弟子がいるから……辞められないです」とちゅうちょした様子で答えたという。

現役時代の貴乃花 ©AFLO

 このことから《その弟子たちも親方の元を離れる。障害がなくなった今なら、政治家転身も100%ないとは言い切れない。》と東スポは書く。

 日刊ゲンダイは参院選出馬説どころか「安倍自民の目玉」と書いた。その理由。

《貴乃花の「参院選出馬説」は、25日、本人が“引退会見”を開いた直後から流れはじめた》

 「貴の出馬話は、政界と相撲界の両方から流れています。『安倍官邸が直接関わっている安倍案件だ』ともっともらしく解説され、『二階幹事長の周辺が貴のタニマチに接触した』という情報もあります。(政界関係者)」

「噂」を載せるのはタブロイド紙の醍醐味である。

貴乃花=自民党という噂を深読みしていくと……

 しかしこういう噂が流れるのも《実際、安倍自民党は、喉から手が出るほど参院選の目玉候補が欲しいはずだ。なにしろ、自民党はいまから苦戦が予想されている。》との解説のように、自民党のリアルな現状があるからだ。貴乃花に出てほしいという願望が「説」に変わったのかもしれない。噂はなぜ発生するのか? というメカニズムを見た思い。

©AFLO

 夕刊フジは《永田町で「政界進出」の観測が流れている。》と冒頭に。やはりそういう噂は流れているらしい。

 記事には政治評論家の《「個性的なキャラクターは政治家と共通するが、強固な支持者と反対派に割れるタイプではないか。保守系野党で、議席拡大が急務である日本維新の会や希望の党などが擁立に意欲を見せれば、面白くなりそうだ」と期待を示した。》という寸評が。

©JMPA

 夕刊フジは「改革実現には、与党に所属した方が断然有利といえる」と書く。確かに日刊ゲンダイの「安倍自民の目玉候補説」を読まずとも、相撲の伝統のイメージや政財界とのつながりから、出馬するなら貴乃花=自民党というイメージを勝手に想像してしまう。

 しかしです。「おっ……」というコラムを見つけてしまったのである。ひょんなところで「貴乃花と政治」が語られていたのだ。