昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

小島秀夫が観た『search/サーチ』

娘が行方不明。唯一の手がかりは24億8千万人のSNSの中にある

2018/10/28

genre : エンタメ, 映画

PCに保存された過去を見ることがやめられない

 さらに、そのPCに保存されていたビデオチャットや様々な動画、テキストメッセージなどをコラージュして、主人公であるデビッド・キムの家族の歴史をもPCの内側から見せる。

 3年前に病気で妻を亡くした韓国系アメリカ人であるデビッドは、娘のマーゴットと暮らしている。彼は、PCに保存された家族3人で暮らしていた過去を見ることがやめられない。

 しかし現実の世界では、高校生になったマーゴットとの関係がぎこちなくなっている。思春期の娘とどうやって適切な距離をとるべきなのか、それを測りかねている。彼が距離を縮められるのは、PCの中の昔のマーゴットだ。

 

 ある朝、デビッドが目覚めると、マーゴットはすでに出かけていて家にはいない。メールで連絡すると、クラスのグループで勉強してから帰る、と返事が来る。しかし、マーゴットは翌朝になっても帰ってこない。連絡しても、返事はない。不安にかられたデビッドは、彼女の友人にコンタクトを取る。

 マーゴットは友達とキャンプに行ったよ。

 そう教えられて一安心するデビッドだが、それは束の間のことだった。娘はキャンプになど参加していなかったことがわかるのだ。マーゴットは失踪したのでは? 事件に巻き込まれたのでは? 

SNSに残した足跡、非公開のアカウント

 警察に連絡して事情を説明すると、ヴィックという女性捜査官が担当してくれることになった。デビッドはPCを使ってそのヴィックの素性を探る。その一方で、デビッドはマーゴットがSNSに残した足跡を辿ろうとする。娘のアカウントは非公開になっていたため、なんとかパスワードを入手し、ログインする。

 そこであきらかになったのは、デビッドの知らない娘の姿だった。

 学校には友達などいなく、食事も一人でするような孤独なマーゴット。その孤独を埋めるように、SNSで見知らぬ人間との繋がりを求めていた。なかでもビデオチャットを通じて親しくなっていたのは、F&C(Fish&Chips)というアカウントの女性だった。

 

 マーゴットの素顔が、あきらかになってくる。

 ずっと通っていたはずのピアノ教室に行ってなかったことがわかる。

 毎月渡していた月謝を貯めていたと思われる大金が、数日前に何者かに送金されていたことが判明する。

 車を運転して郊外に向かうマーゴットの姿を記録した防犯カメラの映像がみつかる。

 PCのモニタは、デビッドの想像を超えるマーゴットの“素顔”を次々と表示していく。