昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

スマホも携帯もない世界「防衛大学校」はネタの宝庫だった

報道カメラマン・宮嶋茂樹が見た「防衛大学校」の青春

必見。お気に入りの写真3枚

――中でも気にいっている写真3枚あげてください、といったらどれですか?

宮嶋 そうやな、まず「フルメタル・ジャケット」風のやつかな。上級生が大声で気合入れてるところ。こういうシーンをもっと撮りたかったけど、上級生が下級生を指導するのって一瞬なんでなかなか撮れないんですよ。それ、もう1回お願いします! とも言えんし。

©宮嶋茂樹

――映画みたいで迫力ありますよね。

わいわいおしゃべりしてた女子学生の食事風景

宮嶋 あとは女子学生の食事風景。ええ表情でしょう。防大にもこんな子たちがいるというのが。これは珍しく学生から声がかかりましたわ。「ねえねえ、カメラの人、撮ってください」って。女子学生が入学するようになって20年以上たつから、女子も肩肘張ってないというか、普通なんだよ。こういう感じがシャバと変わらぬ学生っぽいよね。みんなで普通にわいわいおしゃべり。幹部で自衛隊に入隊したらそうはいかんから。

©宮嶋茂樹

――確かにこういう表情は意外でした。

女子学生が初めて持った銃の重み

宮嶋 逆にこれなんかは不安まるだしで銃持って、「イヤダ、ワタシ」という顔してるじゃないですか。こういう表情もこのときしか撮れない。たぶん、拳銃、小銃、機関銃の違いもわからないまま入校したんやろうな。銃がこんなに重いということも知らず。初々しい。こういう学生が経験を積んで指揮官になると想像すると面白い。この3枚やのう。

©宮嶋茂樹

――防大生が着る制服を網羅した制服図鑑もすごいですね。

宮嶋 これはウエストポイントの写真集にもあったんや。撮る前は夏服、冬服、戦闘服くらいかなと思ってたんですわ。そしたら20種類以上あって。制服撮るだけで何回防大通えばええんや、と(笑)。撮る場所、ポーズも変えないかんしネタ切れ寸前や。着る学生も「実はこの衣装初めてで……」とか言うてるし。でも制服はぜんぶ貸与ですわ。支給やのうて。卒業したら返すから、これだけ制服見られるのはこの本だけ。それだけでも記念になるでしょう。……買うて(笑)。

左 訓練服装(陸上要員 装具有り)右 甲武装 冬服 ©宮嶋茂樹