文春オンライン

連載

シャイロックの子供たち

著者 池井戸潤さんが「ぼくの小説の書き方を決定づけた記念碑的な一冊」と明言し、原点にして最高峰とも言えるベストセラーミステリー小説『シャイロックの子供たち』。

 

2023 年 2 月 17 日(金)には阿部サダヲさん他、豪華キャストを揃え、映画公開を予定されている『シャイロックの子供たち』がコミカライズ連載スタート!!

 

毎週木曜更新予定。

 

「現金が足りないんです」。銀行の支店で起こった現金紛失事件。捜索の結果、当日の日付の入った札束の帯封が女子行員のバッグの中から発見され、疑いがかかる。

女子行員は盗ったことを否定し、ミスを隠したい銀行は支店長らが金を出し合って補填をすることに。そのうち、別の男性行員が失踪――。

東京第一銀行長原支店――中小企業や町工場がひしめき合う場所に立地し、それらの顧客を主な取引先とする銀行を舞台に、“たたき上げ”の誇り、格差のある社内恋愛、家族への思い、上がらない成績……事件の裏に透ける行員たちの人間的葛藤を描く。

銀行という組織を通して、普通に働き、普通に暮すことの幸福と困難さに迫った傑作ミステリー。