週刊文春 電子版

おぎやはぎの勃興、笑い飯の焦り

「笑い神 M-1、その純情と狂気」第4回——新宿のライブで観た斬新な漫才。その衝撃が哲夫の心をはやらせた。

中村 計

連載

エンタメ 芸能 テレビ・ラジオ

哲夫の記憶では、1999年暮れのことだ。すでに25歳になっていた。

〈戻ってすぐ西田と組む〉

 メモ帳に、そう書き記した。

「西田(幸治)君と組むのは最終手段やったんですよ。ボケ同士やし、言うたら、ライバルやと思っていたんで」

 いずれ衝突する――。それも覚悟の上の決断だった。

 哲夫を「最終手段」に走らせたもの。それは、当時、まだ無名だった東京のあるコンビだった。

 なかなか相方が定着しない哲夫は、4人目のパートナーとも一度舞台に立っただけで別れてしまった。そろそろ本腰を入れて相方を探さなければならないと思い立ち、哲夫は思い切って東京まで足を運んだ。以前、ライブで一緒になった芸人で、ツッコミが抜群にうまい人がいた。その芸人が東京で活動しているという噂を聞きつけたからだ。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年11月25日号

文春リークス
閉じる