週刊文春 電子版

スペインで始まる、少年の新たな暮らし|宇垣美里

宇垣総裁のマンガ党宣言! 第82回

宇垣 美里

連載

エンタメ 読書

「もう一度訪れたいと思う土地はどこですか?」と言われて真っ先に挙げる国のひとつがスペインだ。照り付ける太陽の力強さと目にも鮮やかな街角の緑、人々の明るい笑い声とカラッと乾燥した風に乗って運ばれるオレンジの香り。『あかねさす柘榴の都』を開くと、その時感じたすべてを思い出す。まるでスペインそのものをぎゅっと閉じ込めたような、異国情緒にあふれた作品だ。

 両親を亡くした14歳の少年・夏樹は、母の妹であるスペイン人のアルバの元に身を寄せることとなり、南欧のグラナダへと単身やってきた。それまで会ったこともなかった叔母と共に、「ピソ」と呼ばれる賑やかなスペイン風シェアアパートでの、言語も文化も今までとは違う、新たな生活をスタートさせる。

初月100円でこの続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年10月13日号

文春リークス
閉じる