昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

元SUPER☆GiRLS田中美麗が明かす卒業の真相「アイドルはあんまりオススメしないですね(笑)」

田中美麗さんインタビュー#2――アイドル戦国時代を振り返る

2019/01/26

 2010年6月に結成されたSUPER☆GiRLSはアイドル戦国時代の華として活躍した。その人気メンバーだった田中美麗は、沢尻エリカ主演ドラマ『ファーストクラス』に出演するなど個人活動も多かったが、18年3月にグループを卒業。

 そんな彼女に卒業の理由、そして、今後の活動について聞いた。(全2回の2回目/#1より続く)

元SUPER☆GiRLS田中美麗さん

PASSPO☆や東京女子流は「同期」だけど「ライバル」ではない

――SUPER☆GiRLSは、11年6月に発売された『MAX!乙女心』がスマッシュヒットして、12月には第53回日本レコード大賞新人賞を受賞しました。その頃は「注目度が上がっているな」という実感はありましたか?

田中 いやぁ、実感はなかったですね。ただ、会場はどこもパンパンに埋まってたし、アイドル界全体の盛り上がりは感じてました。

――他のアイドルグループを観るようになりました?

田中 対バンライブで一緒になったグループを観るようになったんですけど、そこまで積極的に知ろうとは思わなくて。自分のことでいっぱいいっぱいだし、無理にアイドルらしくならなくてもいいかなと思っていたんです。

――PASSPO☆や東京女子流は同期という感覚ですか?

田中 そうですね。「同期」だけど「ライバル」という感覚はなくて、「自分たちでやれることをやる」というか……ごめんなさい(笑)。

――どうしました?

田中 いま稽古してる舞台のセリフを言っちゃった。アハハハハ!

――ちょうどハマるセリフがありましたか。個人的に仲良くなった別グループのメンバーはいますか?

田中 いなかったですね。スパガ自体が積極的に他のグループとコミュニケーションをとるような子は少なくて、自分たちで固まっていることが多かったんです。卒業間近の対バンでPASSPO☆のメンバーに「スパガのメンバーはしゃべりかけづらかった」と言われましたから。ただ、アイドル歴が長くなるにつれて、「一緒に写真をとってもらっていいですか?」と言われることが増えたので、交流するようになったというか、「この前はどうも」と挨拶して。

――社交辞令(笑)。

田中 アハハハハ!

 

――スパガを憧れの対象として見ているアイドルが増えたと。

田中 「憧れています」と言われた時は驚いたけど、自分みたいなアイドルらしくない人も受け入れてくれる時代になったのかなと思いました。いまは誰でもアイドルになれる時代になりましたからね。

――誰でもアイドルになれるのはいいことだと思います?

田中 チャンスが平等に巡ってくるのはいいことだと思います。