昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

猫は語る、「なんとかなるさ」と

『にゃんくるないさー』 (北尾トロ 著)

「なんとかなるさ」という意味の琉球方言「なんくるないさー」を髣髴とさせるタイトルの本書。深刻に考えれば必ずしも正解に辿りつけるわけじゃない、たまには肩の力を抜いてさ――そんな風に語りかけてくるようです。そうね、“レッツポジティブ”!

 そんな出だしで紹介を始めたものの、沖縄の話は本書には出てきません。フリーライター・北尾トロさんが30年に渡り寄り添ってきた猫たちとのエピソードを綴ったエッセイ集です。なぜか引っ越す先で猫と出会い、家族の形が変わるたびにまた引っ越し。新居には初めての飼い猫を最初に連れて行くとうまくいく、なんて豆知識も(実際のところ、2匹以上の猫を連れてスムーズに引っ越すコツをググると、同じことが書いてあったりします)。

 ご自身も猫を愛する作家・角田光代さんの解説をご覧いただけます。

■解説(文:角田光代│作家)
「猫は未来を憂わない」(2015.06.03公開)

『にゃんくるないさー』
北尾トロ 著

定価:本体650円+税
発売日:2015年05月08日

にゃんくるないさー (文春文庫)

北尾 トロ(著)

文藝春秋
2015年5月8日 発売

購入する

33歳独身、猫ふたりとの暮らしをゆるっと

『女いっぴき猫ふたり』 (伊藤理佐 著)

 週刊文春で連載中の「おんなの窓」シリーズ、最新刊『おんなの窓 5』が刊行された伊藤理佐さんが、33歳の頃にニャコ(アメショ・9歳)、クロ(黒猫・9歳)の3人で暮らしていた当時の日々を綴っています。奮発して買ったベッドやおもちゃをまったく使ってくれないなど、“猫飼いあるある”を交えた脱力感あふれる猫漫画です。

(あまり知られていないようですが)実は手塚治虫文化賞を受賞している本作、ゆるりとお楽しみください。

『女いっぴき猫ふたり』
伊藤理佐 著

定価:本体552円+税
発売日:2011年09月02日

女いっぴき猫ふたり (文春文庫)

伊藤 理佐(著)

文藝春秋
2011年9月2日 発売

購入する

愛猫家として知られた向田邦子さんの魅力を振り返る

 今年で没後35年を迎える向田邦子さん。愛猫家としても有名で、文春写真館ではタイ語で伯爵(マハシャイ)の称号を持つコラット種・マミオとのひとときをご覧いただけます。

■文春写真館
「向田邦子と愛猫マミオ」(2009.11.09公開)

 そのマミオとのツーショット写真が表紙の『向田邦子ふたたび』は、没後30年の2011年に刊行。百余点の秘蔵写真とともに向田さんの魅力に迫る、ファン必携の1冊です。

向田邦子の素顔に迫る1冊
『向田邦子ふたたび』
文藝春秋 編

定価:本体686円+税
発売日:2011年07月08日

向田邦子ふたたび

文藝春秋 (編集)

文藝春秋; 新装版
2011年7月8日 発売

購入する

 そして文春文庫の最新刊は、何気ない日常を鋭くも温かい観察眼で綴った『無名仮名人名簿』の新装版。猫にまつわるエッセイもありますので、どうぞお楽しみください。

■解説 (文:篠﨑絵里子│脚本家)
「白黒つけないリアリティ」(2015.12.23公開)

文庫最新刊
『無名仮名人名簿』
向田邦子 著

定価:本体650円+税
発売日:2015年12月04日

無名仮名人名簿 (文春文庫)

向田 邦子(著)

文藝春秋; 新装版
2015年12月4日 発売

購入する

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー