昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

女性レーサーから日産の社外取締役に レースクィーンだった彼女はどう生きてきたのか

井原慶子――『こんな家に住んできた 17人の越境者たち』より

2019/02/17

 世界最速の女性レーシングドライバーで、日産自動車の独立社外取締役も務めている井原慶子氏。大学在学中、レースクィーンとしてサーキットを訪れてモータースポーツに魅了されて一念発起し、レーサーになるためにフェラーリと参戦費用1000万円をバイトをかけもちして貯めたという。

 ヨーロッパのモータースポーツという男ばかりの社会で、どのようにして壁を飛び越え続けてきたのか。「越境体験」を今まで住んできた様々な「家」とともに人生を振り返る。

『こんな家に住んできた 17人の越境者たち』(稲泉連著)から転載

◆◆◆

33歳、レーサーとしての挫折

井原 今から12年前の2006年、私はイギリスのマーロウという町に住んでいました。

 8年間にわたってレースの世界で闘い、1つの目標だった英国F3というカテゴリーに参戦していた私は、そのとき33歳になっていました。

 2年目のシーズンを終えた冬のある日、リビングの窓から見た景色は決して忘れないでしょうね。そこには雪に覆われ、真っ白になったテムズ川の風景がありました。

「ああ、これはもう、日本に帰りなさいということなんだな……」

 その風景は自分の目にはあまりにも厳しいものに映り、あたかもそう言われているような気持ちになったからです。

井原慶子さん

――これまで世界中のサーキットを転戦してきた井原慶子さんは、日本における女性レーサーの草分け的な存在だ。ル・マン24時間レースを含む世界最高峰のFIA世界耐久選手権(WEC)では、女性初の表彰台を獲得。女性ドライバーとして世界最高成績を収めた。だが、レースを始めたのは25歳と遅かったという。