昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

特集観る将棋、読む将棋

日本将棋連盟・佐藤康光会長インタビュー「AI全盛時代でも貫きたい、私のスタイル」

「今後もタイトルを獲りたいと狙っていますよ」

 新世代の台頭、AI戦術、そして藤井フィーバー……。同世代のライバル、羽生善治九段は27年ぶりの無冠に。激動する将棋界にあって、会長として、プレーヤーとして走り続けた2年間を振り返る。

 

現役棋士としての練習量は激減しました

―― 日本将棋連盟の会長に就任されて丸2年が経ちます。

 佐藤 そうですね。確か2月6日でしたから、ちょうど2年になります。生活スタイルはだいぶ変わりましたが、慣れてきた部分もあるとは思っています。ただ、運営に関しては「勉強させていただきながら」という中途半端な姿勢では通用しませんから、自分なりに日々を過ごしているところです。

―― 棋士として日常の研究があり、対局があり、将棋と向き合う時間をいかに作るか苦慮されていると思います。会長のお仕事が加わることへの葛藤はなかったのでしょうか。

 佐藤 プレーヤー生活とのバランスという点では、前会長の谷川浩司先生がずっと現役と両立していらっしゃったので、そこまで深く考えていなかったといいますか……。私自身も、その前には棋士会長を務めていましたので、「引き続き将棋界のお役に立てるなら」という思いでこの役目を果たしています。当然ながら、やはり未経験のことでしたので、現役棋士として精進していくための練習量は激減しました。解決しないといけない課題が山積みですので、2年前と比べて自分の将棋が進歩しているような気はしないですね。

 

今は限られた時間の中で勝負するしかないですから

―― そういった重責を担われながら、昨年度は順位戦A級でプレーオフまで行かれて、今年度もタイトル戦や公式棋戦で本戦に進出して、若手プレーヤーを相手に活躍されています。インターネット中継では、ファンから「会長、会長」と声援を受けていますね。

 佐藤 そうですね、激励をいただくことも多いかなと思います。昨年度はトータルでは負け越しでしたが、順位戦ではプレーオフに、その後も竜王戦、叡王戦で本戦に出場することができました。プレーヤーとしては納得していない部分のほうが多いですが、会長になる前は「負ければすぐ降級」という勝負が続きましたから、ちょっと不思議な感じはありますね。今期も順位戦では指し分けですし。

 いずれにせよ、今は限られた時間の中で勝負するしかないですから、蓄積してきた経験に頼らざるを得ないかなと割り切っています。その分、結果が出ているのかもしれません。それを長続きさせるのは、なかなか大変ですけどね。