昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載池上さんに聞いてみた。

池上さんが解説「金正恩氏が平壌から列車で移動した3つの理由」

池上さんに聞いてみた。

2019/03/11

Q 金正恩氏の電車移動、なぜ?

 ハノイで米朝首脳会談が行われました。金正恩氏は平壌から列車で出発したそうですが、どうして時間のかかりそうな移動手段を使うんでしょうか?(30代・男性・会社員)

A 理由は3つあります。

 理由は3つあります。ひとつは、金一族が、祖父の時代から飛行機を恐れているということ。テロあるいは飛行機事故を恐れているのです。これは旧ソ連のスターリン譲りです。

 第二次世界大戦末期、スターリンはアメリカのルーズベルト大統領やイギリスのチャーチル首相とクリミア半島のヤルタで会談しました。ここが選ばれたのは、スターリンがモスクワから陸路で来られる場所だったからです。途中まで専用列車で、その後は自動車で着いたのです。臆病だったスターリンは、装甲列車で移動しました。彼が使った列車は、出身地のジョージアのゴリに展示してあります。私は実際に乗り込みましたが、外部から銃撃を受けてもビクともしない頑丈なつくりでした。

2月23日、平壌駅で専用列車に乗り、見送る人々に手を振る金正恩氏 ©朝鮮中央通信/新華社/共同通信イメージズ

 2つ目の理由は、祖父の金日成がベトナムに行くとき、やはり鉄道を利用したからです。祖父の威光を利用するため、同じ行動に出たのです。
 
 3つ目は、時間のかかる列車を敢えて使うことで、「国内を長期間離れてもクーデターなどの心配をする必要がないほど国内を掌握している」ことを見せたかったのでしょう。

「○○さんに聞いてみた。」のコーナーでは、みなさまからの質問を募集しています!

質問投稿フォーム