昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2019/03/15

みんなで「新元号に『安』を入れるための印象操作」をおこなったのか?

 このネタ、私はNHKだけでなく民放番組でもいくつか見た。

 念のために「ワインのネット販売会社特設サイト」を見てみると、

・TBS『新・情報7days ニュースキャスター』
・日本テレビ『news every.』
・テレビ東京『ゆうがたサテライト』
・テレビ朝日『スーパーJチャンネル』

 などに紹介されたと嬉しそうに報告していた。

©iStock.com

 新元号を当てた人にはお酒をプレゼントというキャンペーンに各局が目をつけて紹介したのだ。沼津の水族館もこのサイトを参考にして予想1位の「安久」をアシカに書かせたと思われる。

 では、NHKも民放各局も沼津のアシカもみんなで「新元号に『安』を入れるための印象操作」をおこなったのだろうか?

 考えすぎだと思う。

 ここで問うものがあるとしたら「NHKが民放なんぞと似た番組作りでよいのか? そんな安易さでよいのか」だろう。あ、ここでも「安」が入ってしまったが。

元号が「国書に由来する案も複数ある」

 いまザワザワするとしたら、こちらの記事で報じられた内容ではないか。

「新元号 約20案から絞り込み 2~5を最終案に 政府方針」(朝日新聞3月2日)

新元号を「平成」と発表する故・小渕恵三氏 ©時事通信社

 注目したのはこの部分。

《考案者候補には日本文学など国書の専門家が複数含まれており、国書に由来する案も複数あるという。》

《過去の元号は、出典が確認できる限りは中国の古典から取られており、日本で記された日本書紀などの国書が典拠となった例はないとされる。今回は複数の国書の専門家が案を提出し、20程度の案にも国書に由来する案が含まれている。》

 タブロイド紙はこの部分をどう書いたか。