昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「人前で手をつながない」天皇と雅子さまが“初めて”カメラの前で手を触れ合わせた日

ベテラン皇室カメラマン・河崎文雄さんの秘蔵写真で振り返るおふたりの26年

2019/06/09

source : 文藝春秋

genre : ニュース, 社会

 天皇皇后両陛下は令和で最初の結婚記念日を迎えられました。「女性自身」の皇室カメラマンとして、昭和の時代から35年に渡り皇室の方々を撮影してきた河崎文雄さん(74)に、おふたりの秘蔵写真やファインダー越しに見た「素顔」を特別に紹介してもらいました(写真は「文春オンライン」で限定公開しています)。

◆◆◆

“新婚旅行”とも言われたご成婚後初の海外訪問

1994年、サウジアラビアの「赤い砂漠」で ©河崎文雄

 両陛下のご成婚後初の海外訪問で、“新婚旅行”とも呼ばれたのは、1994年11月の中東4カ国ご訪問です。サウジアラビア、オマーン、カタール、バーレーンを公式訪問され、私は日本から政府専用機に同乗して約2週間をご一緒しました。上皇ご夫妻が訪れたことがあるサウジアラビアを除く3カ国での、皇族の公式訪問は初めてのことでした。

 印象深い撮影は、サウジアラビアの「赤い砂漠」でお願いしたツーショットです。周囲はごつごつした岩が混じった土漠なのですが、このエリアだけ、見渡すかぎり赤い砂が広がっていて、とても美しいのです。

河崎文雄さん ©文藝春秋

 おふたりの周りには、たいてい政府関係者や取材陣がぞろぞろついて歩きます。せっかくいい景色が広がっているのに、シャッターを切ると後ろのおじさん連中が写り込んでしまう。イスラム圏では女性は肌を露出してはいけないので、女性カメラマンはアバーヤと呼ばれる衣装を身にまとっていたのですが、着慣れていないからまるで忍者のよう(笑)。

 これでは台無しだと思って、「周りに人が写らないように、おふたりだけでむこうのほうに歩いていただけますか」と侍従に注文すると、おふたりは快諾してくださりました。赤い砂におふたりの足跡だけが続き、振り返ったところを撮影しました。

「赤い砂漠」に、雅子さまがお召しになっていた深緑の服がよく映えています。気温は30度以上あったと思いますが、おふたりとも涼しげな表情をむけてくださいました。