昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載クローズアップ

父は石橋凌、母は原田美枝子、妹は石橋静河……優河が歌う『長いお別れ』

優河(シンガーソングライター)――クローズアップ

「さんざん泣き尽したとき、自分は自分でいていいんだ、と」

「3人兄妹の真ん中で両親は私をしっかりした子と思っていたようです。高校でオーストラリア留学から帰ってきたとき、兄も妹も留学中で生まれて初めて一人っ子状態になりました。赤ちゃん返りして、親にわがままを言って……さんざん泣き尽したとき、自分は自分でいていいんだ、と肯定できるようになりました」

©2019『長いお別れ』製作委員会 ©中島京子/文藝春秋

 ライブハウスで働きながら様々な音楽を吸収し、2011年に活動を開始。優河さんの唄は聴く人の背中をそっと押してくれる。

「認知症の方がたとえ過去を思い出せなくなったとしても、いずれ命が尽きるときには記憶も消えていく。“今”しかないのは人間みんな同じだと思うんです。別れは悲しいけれど、人を前進させるものでもある。多くの人にこの映画が届くように、と願っています」

ゆうが/1992年東京生まれ。2015年、アルバム「Tabiji」をリリース。TVCMナレーション(UNIQLO、POLA)など幅広く活躍。2018年、2ndアルバム「魔法」をP-VINEレコードからリリース。全国でのツアーライブも精力的に行っている。5月22日に新作ミニアルバム「めぐる」がリリースされた。

INFORMATION

『長いお別れ』
全国ロードショー中
http://nagaiowakare.asmik-ace.co.jp

長いお別れ (文春文庫)

中島 京子

文藝春秋

2018年3月9日 発売

この記事の写真(3枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー