昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

source : 週刊文春 2012年8月2日号

genre : ライフ, ライフスタイル, 医療, ヘルス, 社会

オンして何分で達するか

 女性に苦痛をもたらす性機能障害は、4つある。局所反応障害、性的意欲障害、オーガズム障害、性交疼痛症だ。では、どうすれば気持ちのいいセックスができるようになるのか。まずは、オーガズムのメカニズムから見ていこう。

 2009年、スウェーデンで開かれたWAS(世界性の健康学会)に参加した宋氏は、思わず唸らせられる研究報告を聴いた。オランダの医師が発表した、オーガズムの個人差である。

「これは、20人の女性にバイブレーターを渡し、アダルトビデオを見せながらマスターベーションをしてもらうという実験です。スイッチをオンにしてから、何分でオーガズムに達するかを計測し、グラフにして発表されました」

©iStock.com

 この“人体実験”の結果、被験者は2群に分けられた。3分以内で絶頂に達した女性と、10分かかった女性である。2つのグループの違いは何だったのか。

 3分という早さでも、性的興奮には4段階のプロセスを経る。まず、興奮期だ。性交でいうと、服の上から体を触ったり、抱き合ったりというスキンシップを始めることで、体の性欲にスイッチが入る。

興奮期、高原期、オーガズム、消退期

 興奮期に入って30秒ほどで「膣粘滑液」が膣壁を覆う。これがいわゆる「濡れる」という現象である。

 宋氏によれば、男性は液体の量を気にするのではなく、「彼女の濡れ方を把握するのが大事」だという。

 ちなみに、外国人は「濡れにくい」という症例が多く、日本人は濡れにくいという悩みは比較的少ない。

©iStock.com

 閉経で濡れにくくなった人は、ホルモン療法によって簡単に治療できる。

「エストロゲンという女性ホルモンがなくなると、骨盤の血管が細くなったり、死んだりします。エストロゲンを増やせば、膣にいく血管が増えて栄養がいき、血管から液体の成分が染み出てきます」(宋氏)

 次のプロセスが、高原期である。性器が肉厚に膨らみ、男性器を挿入できるタイミングとなる。性交の開始となり、3段階目に移る。骨盤底筋群が強い収縮を始めて、高揚感は全身に広がっていく。これが、忘我の境地となるオーガズムだ。

 その後、4段階目の消退期が来て、骨盤に流れ込んだ血が引いていく。オーガズムに達していないと、血液が解放されず、ひどい場合は腰痛や骨盤痛に繋がる。オーガズムは健康の証でもあるのだ。

後編へ続く)

連載「ヒトは何歳までセックスできるのか?」記事一覧

■漢方医学では「男64歳、女49歳限界説」も
前編:ヒトは何歳までセックスできるのか?
後編:「定期的にバイアグラ」性のアンチエイジングが寿命を延ばす理由

■日本男児肉食化の鍵を検証する
前編:あなたの男性力は「巻き尺」で測れる
後編:「炒めたタマネギ」で性欲を高める

■性交を成功させる「ゴールデンタイム」
前編:鹿のペニス、スズメバチの子……あらゆる「精力剤」は信用できるのか?

後編:「元気ですか?」の語源と「体内時計」で読み取る正常なセックスとは

 

■オーガズム人体実験でわかった「女性の性欲」

前編:オーガズム人体実験でわかった女性の性欲

後編:「セックスって、何がいいんですか?」と言う女性たちへ

この記事の写真(6枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー