昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2019/07/22

“ソフトな批判“と“先輩への忠誠”を1ツイートで

【品川庄司・品川】

「俺たちは吉本興業という会社に憧れて入ったんじゃなくて、吉本の先輩芸人に憧れて入ってきたんだよなぁ。」

【ハチミツ二郎】

「立ち上がる時が来たんだな。」

 自分が所属している組織のことをはっきり批判するのは非常に難しいのでしょう。そんな中で「組織ではなく個人」という論法をとった品川さんはさすが。この1ツイートで組織へのソフトな批判と先輩への忠誠の、両方を表せます。そしてハチミツ二郎さん、ハチミツだけに「蜂起」を思わせる、シャレが効いててすごい。

【南海キャンディーズ・山里】

「とにかく精進あるのみ。
 今のところそれ以外で気持ちをしっかりする方法が見つからず。」

 これはまさに山ちゃん。この短いフレーズに「自分がいかにショックであるか」と「それでも前を向く俺」の両方を入れ込む、事務所がゴリ押ししたという「静観」ここにあり、ではないでしょうか。そして、これも以前文春オンラインで書いた山ちゃんの「トモダチ戦略」の副産物なのか、このツイートに「松本さんが動いてくれるそうです。大御所・ベテランに任せて、山ちゃんや中堅の皆さんはそれぞれの仕事を全力で尽くしてください!」というフォロワーからのリプ。誰だよ。

指示を出された山ちゃん ©文藝春秋

ウーマンラッシュアワーのふたりは?

 そんな中、山ちゃんの同期であるこの方は、

【ウーマンラッシュアワー・村本】

「やめようがやめまいがやることは笑わせること。どこにいても誰といても。」

 村本さん……最近ではてっきり思想家にでもなられたのかと思っていました。よかった、よかったです。さらにそんな中、相方の中川パラダイスさんは

【ウーマンラッシュアワー・中川パラダイス】

「今日の24時30分からロフトプラスワンウエストで始まる中川パラダイスのトークライブのゲストの坂口杏里さんが急病のため主演が無くなり電話出演に変わりました
 楽しみにされてた方本当に申し訳ないです
 払い戻しの対応もしてもらえるみたいです
 詳しくはロフトプラスワンウエストのホームページで」

 坂口杏里にドタキャンされていました。