昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2019/07/22

三村、有吉……“非よしもと”は何をつぶやいたか

【さまぁ~ず・三村】

「やっぱり笑いはいいなぁ。
 幸せになれるよ。
 吉本の芸人たちも頑張ってほしい。。
 月が変われば流れも変わる。」

【有吉弘行】

「目立たぬように はしゃがぬように
 似合わぬことは無理をせず。」

 こちら「非よしもと」編。三村さんは「月が変われば流れも変わる」と本件の8月解決説を示唆、一方の有吉さんは河島英五の『時代遅れ』の歌詞を引用しつつ、一回ウン十万みたいな飲み会を当たり前に開いてっからだよお前さんという苦言を匂わせています。

「その時歴史が動いた」的なツイート

【松本人志】

「後輩芸人達は不安よな。
 松本 動きます。」

 これですよ。不安な後輩芸人たちの心情を察知して、社長とも会長とも対等に話せる男がついにその重い腰を上げる、「その時歴史が動いた」的なツイートです。一人称苗字は指原さんの影響なのか、それともオードリー春日なのか。推測しますに、春日は第23回東京オープンボディービル大会(75kg級)で5位入賞の実績があり、肉体派である松本さんは、そんな春日への憧れから、自分のことを「松本」と呼んでしまわれたのかもしれないです。春日すごいですね。

松本 動きます。 ©文藝春秋

【レイザーラモンRG】

「先輩、動きがち♪」

 吉本興業あるあるをお願いします!

 フォロワーさんからのお題に対して、あるあるで返すのがおなじみのRG。今回の闇営業問題で、「相方が謹慎」という点では最も情緒てんこ盛りのツイートをしてもおかしくないのに、というか誰もがそれを待っているのに、この人がいちばんイジってる。笑いのカリスマ渾身のツイートを、膝かっくんするようなあるあるで返すなんて、RG、大丈夫なのかな。今日はHGの嫁がサンジャポで頑張ってました。応援してます!

【オール巨人】

「一応着てみました!
 上着は不思議な位ピッタリですが、

 ウエストが、がばがば
 僕でも88cm位有るのに、伊織は95cm位有るんかなぁ、ビック!」

 騒動の最中にひとり全く関係のないツイートをする師匠の胆力か……と思ったあなた。それは師匠の胆力をそこいらのレバーと見くびり過ぎです。上着→ジャケット→シャツ→カウスボタン、ですし、ウェストがガバガバ→カウスボタン、ですし、ビック!→カウスボタン、ですし、結局カウスボタンに行き着いてしまう、罪深きツイートなのです。「師匠!タイミング今じゃない気がします」というファンからのツッコミに「ねぇ~、笑」とだけ返すのもすごい。甘えん坊か!

◆ ◆ ◆ 

 壮大かつ内面をえぐるような、この「お題」に対して、様々な答えを提示した、お笑い芸人たち。

「涙を流して記者会見したやつの芸を誰が見て笑うんだ」とは世界の北野の弁。しかし、もしかしたらそれよりも、我々一般人を笑いにくくさせているのは、「お笑い」への情熱だったり、仲間への絆だったり、松本動きますだったり、そんなことを芸人本人が語らざるを得ない、この状況ではないでしょうか。

この記事の写真(27枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー