昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「レース」「お揃い」「和服」 雅子さまの皇室外交ファッション「3つのキーワード」

2019/08/11

genre : ニュース, 社会

 5月1日から始まった令和の時代。初めての国賓としてアメリカのトランプ大統領夫妻が来日し、G20大阪サミットに合わせてフランスのマクロン大統領夫妻が公式実務訪問賓客として来日した。

トランプ大統領と雅子さま ©AFP/AFLO

 こうした“追い風”とともに、天皇皇后両陛下が「皇室外交」を本格始動されたことで、国民からの期待も自然と高まっているように思う。  

アメリカに「特別の親しみを感じています」というおことば

 天皇陛下は、皇太子時代最後となった今年2月の誕生日会見で「雅子自身もいろいろ海外での経験もありますし、このグローバル化の時代にあって、国際的な取組など本人だからできるような取組というのが、今後出てくると思います」と雅子さまの海外経験について強調されていた。

 また、トランプ大統領夫妻を迎えた宮中晩餐会でのおことばの中で「皇后も、幼少の時期をニューヨークで、また、高校、大学時代をボストン郊外で過ごしており、私どもは貴国に対し、懐かしさと共に、特別の親しみを感じています」と陛下は述べられた。

5月27日、宮中晩餐会でおことばを述べられる天皇陛下 宮内庁提供

 令和の雅子さまはご自身の「海外経験」を生かされながら、自然体で様々な行事に出席されている。