文春オンライン

面白政党「れいわ新選組」「N国党」が拓いた、日本政治絶望組を誘う未来

真面目な有権者は「もっとまじめにやれ」と顔真っ赤にしてると思いますが

2019/08/01

新しいことをやってくれそうという期待だけで票を集めたれいわ新選組

 一方、れいわ新選組もノイジーマイノリティなりに存在感を発揮し、2議席確保というまあまあの躍進を果たしました。議席増ならそれでいいんですよ。肝心の山本太郎さんは候補としてはリスト3番目でしたから落選しとるわけですけど、どうせ衆議院選挙にどこかの選挙区で出るでしょうから、政党要件を満たしたれいわ新選組の党首として目立っておけばどうにかなるんですよ。

 ぶっちゃけ、来年東京都知事選もありますし、ぜひ山本太郎さんにはご出馬願いたいと思う次第です。自民党が小池百合子さんみたいな緑の狸ではダメだ独自候補で行くぞと対抗馬でも立ててくれれば、東京都民の保守票が割れて俄然山本太郎都知事爆誕の可能性がマキシマムになってきます。凄いことだと思うよ。もうほんとどうにでもなれっていう一向一揆のノリでアベ政治も打破できるんじゃないかという気になります。

れいわ新選組開票センターで、特別枠2位で当選した木村英子氏と写真撮影にのぞむ山本太郎代表 ©AFLO

 れいわ新選組を支持する人たちの騒がしさの割にはたいして票を伸ばさなかったのは、立てた候補者の数が多くなく、全国比例も特定枠で出た山本太郎さんが山田太郎さんに間違われながらも100万票近く獲得しているという山本さん個人への期待感によるものです。やっぱ城から呂布が出てきてすげー強いけど戦争には負けるってのと似たような感じになっててウケます。

 まさに一騎当千のノリですが、獲得票の中身を見てみるとN国党と同じく政権批判票の中でも既存の政党に投票したくない、新しい風を政治に呼び入れたいと思う有権者の熱量があっての票獲得であり、石戸諭さんも思い切り「左派ポピュリズム」と評してますけど、その通りじゃないですかね。N国党もれいわ新選組も、挙げた公約のどれ一つとして達成できるものはないけれど、なんか新しいことをやってくれそうという有権者の期待感の盛り上がりひとつで泡沫からここまでやってこられたというのは大きい。

前新潟県知事の米山隆一は「中間的な結果」と評価

 ずっとれいわ新選組を見てきた前新潟県知事の米山隆一さんも、論考として「『躍進』はしたけれど、『大躍進』はしそこなった、いわば『停滞』であるとも評価できる中間的な結果であった」と評しています。

山本太郎、れいわ…左派ポピュリズムの衝撃とどう向き合うか?(石戸諭) - Y!ニュース
https://news.yahoo.co.jp/byline/ishidosatoru/20190722-00135238/

大躍進し損ねた山本太郎・れいわ新選組に必要な事 - 米山隆一|論座
https://webronza.asahi.com/politics/articles/2019072300006.html

©iStock.com

 基本的に、れいわ新選組は投票結果と出口調査を見るならばむしろ取った票は共産党に入っていた浮動票が中心であり、東京選挙区から出馬した野原善正さんは元から山本太郎さんに投票していた人の3分の1ぐらいしか票を確保できず、概ね吉良よし子さんや塩村文夏さんに票が流れていってしまいました。

 みんな山本太郎さんが面白いから投票してるんですよね。だから、100万票取れる山本太郎さんがせめて公明党のように比例で600万票以上、議席で8つ9つ取って野党としての実力を示し影響力を出そうとすると、100万票取れる山本太郎から山本九郎ぐらいまで必要になってしまいます。絶対に一つの党の中でまとまらなさそう。