昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載池上さんに聞いてみた。

【池袋暴走事故】池上彰氏「今後は裁判で、どのような罰を受けるかが決まります」

池上さんに聞いてみた。

2019/09/04

Q 高齢ドライバーによる事故、後を絶ちませんが……

 今年4月、池袋で起きた高齢者の運転する自動車が暴走、親子が亡くなりました。高齢ドライバーによる事故は後を絶ちませんが、今回は容疑者が逮捕されていません。どういう事情があるんでしょうか。(20代・男性・学生)

A 逮捕とは罰ではありません。

 よく誤解されているのですが、逮捕とは罰ではありません。捜査の過程での一手段です。容疑者が逃走したり、証拠を隠したりする恐れがあるとき、捜査機関が裁判所の判事の許可(つまり逮捕状の発付)を得て身柄を拘束することです。

 この事故では、高齢の本人が負傷して入院。逃走の恐れはありませんでした。

現場に残された自転車と事故車両 ©時事通信社

 交通事故の現場では警察が現場検証し、証拠隠しもできません。

 そこで逮捕されることがなかったのです。今後は裁判で、どのような罰を受けるかが決まります。

「○○さんに聞いてみた。」のコーナーでは、みなさまからの質問を募集しています!

質問投稿フォーム

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー