昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

“テトリスを抜いた”ゲーム『マインクラフト』とNintendo Switchが売れ続ける理由

2019/09/23

 大ヒットを続けるNintendo Switchのゲーム『Minecraft』の人気はなぜ生まれたのか。ライターの河上拓氏が、その盛り上がりと今後の展開について解説する(全2回の1回目/#2へ)。

『Minecraft』。Nintendo Switchでは2017年5月に『Minecraft: Nintendo Switch Edition』が発売。2018年6月にマルチプラットフォームに対応した『Minecraft』が発売された(「My Nintendo Store」より)

シェアを拡大し続けるNintendo Switch

 任天堂が発表した2019年3月期(18年4月~19年3月)の連結決算によると、Nintendo Switchの販売総数は全世界で累計3474万台。1年間のソフト販売本数は1億1855万本と前期より8割超アップしている。

Nintendo Switchはプレイスタイルを自由に“スイッチ”できるのが売り。テレビに接続して大画面で遊ぶテレビモード、持ち運び遊べる携帯モード、本体からコントローラー部分を外して遊ぶテーブルモードの3つのモードで楽しめる(任天堂HPより)

 今年11月には「ポケモンシリーズ」の新作の発売が予定されており、「ポケモン」をプレイしたい層へ向けた廉価版、Nintendo Switch Liteが9月20日に発売された。

 現行の家庭用ゲーム機シェア1位のプレイステーション4が、来年予定している後継機・プレイステーション5の発売へ向けて若干トーンダウンしつつあることも追い風となり、年末にかけてNintendo Switchはさらにシェアを拡大しそうだ。

9月20日に発売されたNintendo Switch Liteは携帯モードに特化した廉価版。名前の由来の“スイッチ”ができなくなった(任天堂HPより)

 ゲーム専用機のデジタルビジネスも好調で、デジタル売上高は前期比の9割以上増の1188億円となり、ついに1000億円越えを果たした。

 Nintendo Switchソフトのダウンロード販売が好調なのは昨年末にリリースされた『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』を初めとする自社キラータイトルのヒットによるところが大きい。それに加えて、インディーゲームの盛り上がりも影響していると見て間違いないだろう。