昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

ケイタイモ 杉作さんに俺の役やってもらうのも見たいけどね(笑)。最近、OAUの「Traveler」って曲のMV用にアニメを作って、コツをつかんから、『家も頑張れお父ちゃん!』のアニメ広告作ってみようかな。

TOSHI-LOW×ケイタイモの対談&アニメはこちらから

©文藝春秋

 

劔 子ども3人いて、アニメまで作れるのってすごいですよ。子どもを見張ってないといけないから、ヘッドホンも使えないし、音楽の仕事って家ではしにくいですよね。世のお母さんたちは、子どもを見ながらご飯作ったりしてるわけで、料理に集中できないだろうし、大変だと思います。僕はそれがなかなかできない。

ケイタイモ 仕事は子どもが寝てからだよね。でも俺んちの子どもたち、寝るの遅いんだよ。

劔 うちの子も全然寝てくれないです。

「ところで、素朴な疑問をぶつけていいですか?」

ケイタイモ あとは、家の近くのカフェで仕事したりとかね。出かけて行って定休日だったときの絶望感がすごい(笑)。

劔 でも、ipadで描くようになって、だいぶ楽になりました。『高校生のブルース』の頃は完全アナログだったんで、幕張メッセでライブの物販やりながら、画板ぶら下げて描いてましたから。

ケイタイモ 「アイツ、何やってるんだ」って思われただろうね(笑)。

劔 ところで、素朴な疑問をぶつけていいですか? ケイタさんのマンガを見てる人たちは、本当にお父ちゃんがこんな髪型で本当にこんな髭生やしてると思って見てるんですかね? だって子育てマンガって山のようにあるけど、こんなお父ちゃん出てこないですよ(笑)。よく動物なんかのキャラに置き換えて描くパターンがあるじゃないですか。こういう辮髪のキャラにしてるけど、本物はそうじゃないと思っている人もいるんじゃないですかね?

ケイタイモ いるのかな~。画像検索すれば、本当にこんなキャラだとすぐにわかってもらえると思うけどね。

劔 インスタだと、実際はどんな人なのかということまで深く掘って見る人は少ないと思いますよ。

ケイタイモ 俺が昔、在籍してたBEAT CRUSADERS(ビートクルセイダーズ)ってバンドのことも知らないで読んでくれている人もいるからね。

劔 こんな音楽をやっているお父ちゃんなんだってところまで、広がればいいですけど、なんとなく面白いなと思って、フォローして「いいね」してる人がいっぱいいると断言します! そこを打開するためには、やっぱり宣伝アニメを作るべきですよ。

ケイタイモ そっかー。今度一緒にコラボアニメ作ろうよ。また「発明だ!」って大根さんに言われるようなことをやろうよ。

劔 僕の大根さんに「発明だ!」って言われることは跳ねないんですよ(笑)。

©文藝春秋

家も頑張れお父ちゃん!

ケイタイモ

文藝春秋

2019年6月13日 発売

この記事の写真(9枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー