昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載DMM亀山会長に聞いてみた。

DMM亀山会長「社員が辞めるときは必ず理由がある。『根気がない』と嘆くよりも……」

かめっち会長の相談室

2019/10/23

Q どのように管理職を集めたらいいですか?

 会社をもっと大きくしたいのですが、自分を支えてくれる管理職がいません。期待していた社員も何人かいましたが、根気がなくてすぐに辞めてしまいます。亀山さんは今まで多くの優秀な人材を見出してこられましたが、どのように集められたのでしょうか? 面接の際に注意すべきことなどありましたらアドバイスをお願いします。

(40代・男性・会社経営)

A 入社後に社員が残りたいと思える会社になることかな。

 俺も数多くの面接をしてきたけど、数時間話したくらいじゃなかなか分からないよ。優秀そうに見えたやつが口だけだったり、ダメそうに見えたやつが結果を出したりで、採用の当たり外れなんてほとんど運だね。

 

 そんな当てにならない面接に時間を割くより、やっぱり大事なのは、入社後に社員が残りたいと思える会社になることかな。どんなに優秀な人材に巡り会っても、辞められたら元も子もないからね。

 うちはもともと田舎の飲み屋やビデオレンタル店から始まった会社なので、募集をしてもヤンキーくらいしか来なかった。だから一応面接はするんだけど、金髪とモヒカン以外は来た順に雇っていたね(笑)。