昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2019/10/20

トモさんは、なぜ代表復帰を宣言したのか

 日本代表が勝てなかった時代から、どんなゲームにも全力を出し切り続けた鉄人も、ついに引退か……。ファンは感傷とともに感謝の念を抱いた。しかしそんな思いをよそに、トモさんは代表復帰を宣言する。

 ぼくは、おじいちゃんだけど、ラグビーがめっちゃ好きだから――と。

 とはいえ、38歳の活躍を誰が想像しただろう。まさかアイルランドを撃破し、スコットランドを下した立役者の1人になるとは……。

 両脚に巻いたテーピング。かなり状態が悪いと聞く足首。そして大きく曲がった鼻骨……。身体に刻まれた数々の傷が、日本代表の誇りを胸に、どんな相手にもひるまずにぶつかっていった証である。

©AP/AFLO

 タックルをくり返すトンプソンを見るたび、あの叫びがよみがえった。

「歴史を変えるのは誰!?」

トンプソンルーク選手(右) ©AFP/AFLO

 前回W杯は、きっと歴史を変えるプロローグだったのだ。2019年W杯日本大会。「めっちゃ信じる仲間」とともにトンプソンは、歴史を変える戦いのさなかに身を投じた。

 南アフリカ戦の直後、「特別なチームで、一緒にプレーできたことをすごい誇りに思います。新しい歴史を作った。日本人の皆さん、素晴らしい応援でした」とトンプソンは語った。

 さらに上へ。トンプソンの1つ1つのプレーが、日本ラグビーの新たな歴史を切り拓いていくように見えた。

この記事の写真(9枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー